close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【アスリートの名言】日本中から愛された「福原愛」のメンタル

口から出る言葉は、発した人のメンタルを表すもの。

心・技・体の全てを高め、戦うアスリートの言葉からメンタルを学び、自分の日々の考え方や習慣、行動に活かしてみよう。

今回は、日本女子卓球界をリードし続け、2016年のリオ五輪では団体戦の主将を務めた福原愛選手からプレッシャーをはねのけるメンタルを学んでいこう。

練習について


↑出典:CHEN WS / Shutterstock.com

以前はすべて心で決めていたようなところがあって、たとえば、今日はのらないな、と思ったら、練習ものらないままにしてしまうこともありました。でも、それでは技術は向上しないし、戦術も身につかない。

卓球の神様のおかげだとしか思えませんが、もっと頑張ればもっといい結果が出せるって、北京五輪のあと、初めて前向きな気持ちになれました。

弱いところがあっても、練習すればそれを克服できる。 だから練習が好き。

天才って便利な言葉だよね。だって、天才っていったら、努力もしないで持って生まれたものだけでやってきたように思われるんじゃないかなぁ

試合について

同じ思いをしたくないということと、気持ちで負けたくないという思いをぶつけました。


↑出典:CHEN WS / Shutterstock.com

なんとかならなくてもなんとかしなくちゃいけないんです。


↑出典:CHEN WS / Shutterstock.com

私は自分の性格で自覚していることが幾つかあります。それは、精神的にあまり強くはない、ということ。心配性だし、緊張しいでもあるし、色々なことを考え過ぎたりもする。精神面が弱いとは、以前は自分では思っていませんでした。というより、認めたくなかった。でも、自分の弱さを認めて、そこから、じゃあどうすると考えた方が、結局はプラスに作用するんじゃないか。少しずつそう思うようになりました。

夢について

努力した過程が大事だと思う

実現する夢しか言わないんですよ。夢は叶えるものだから。

私はこのメダルを取るのに20年かかりました。20年かかっても、諦めないでコツコツと目の前のことを頑張れば、夢は叶うんだなっていうことが今回わかりました。私達も1日とか2日でこうなれたわけじゃないですし、諦めないで頑張ってほしいです。

重圧を乗り越えたメンタル

幼い頃から注目され、重圧のなかでプレーした福原選手。

発言のなかから積み重ねた練習の量や、乗り越えたプレッシャーの数を感じることができる。

プレッシャーを乗り越えるメンタル、試合で活躍するためのフィジカルを手にいれるためにも、MUSTERの専門家の意見を参考に正しいアプローチの仕方を考えてみよう。

専門家への相談は こちら から