close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【管理栄養士が解説】野菜・果物ジュースで摂れる栄養、摂れない栄養

こんにちは、管理栄養士として活動している宮澤理恵です。

今回は、手軽に野菜が摂れるように思われがちな野菜ジュースや果物ジュースの栄養価についてお話ししていきます。

野菜・果物ジュースは食事の代わりになる?

Q. 食事の代わりとして、野菜ジュースや果物ジュースで栄養、特にビタミンやミネラルは摂ることができますか?製造の過程でほとんどのビタミンやミネラルは壊れている気がしますが……

野菜・果物ジュースは食事の代わりになりません!あくまで補助的なものです!

現在、市場で出回っているジュースの多くは「濃縮還元」という製法で作られてる場合が多いです

この製法は、野菜や果物から搾り取った果汁の水分を加熱などして飛ばして濃縮し、必要な時に水分を加えて元の濃度に戻すことを言います。

また、飲みやすくするために果汁から搾りかすを取り除くという工程も入ります。

この製造過程では、加熱をしているため熱に弱い水溶性ビタミンは壊れてしまいます。ですが、熱に強い脂溶性ビタミンやミネラルは残っています。

これは、ストレート果汁のもの(果汁そのものを使っているもの)でも殺菌加熱をおこなっていますので、同様のことが言えるかと思います。

では、どの成分が工程上で失われてしまうのかというと、主なものはビタミンCと食物繊維です。ビタミンCは加熱の工程で、食物繊維は搾りかすを取り除く工程で失われています。

一日の充足を満たす成分が入っていますと謳っている製品でも、不足分をあとから食品添加物等で補っていることもあります。

果物ジュースでも同様ですので、ビタミンCを摂ろうと思って飲んだのに、食品添加物から摂取していた!なんてこともあるかもしれませんね。

野菜ジュースでは不溶性の食物繊維は取り除かれる

野菜を食べることの意味は、ビタミンやミネラルの補給ももちろんですが、肉や魚にはあまり含まれていない食物繊維の摂取が重要な意味を果たしています

食物繊維には水溶性食物繊維不溶性食物繊維と2種類あります。

野菜ジュースに含まれている食物繊維は水溶性食物繊維であり、搾りかすとして失われているのが不溶性食物繊維です

どちらも身体に働きかける作用は異なります。

水溶性食物繊維は糖質の吸収を緩やかにし、食後血糖値の急激な上昇を抑える作用や、コレステロールを吸着して排泄する作用があります。

不溶性食物繊維は便の水分を保持し、排便を促す作用があります。排便がスムーズになることにより、栄養の吸収効率も高くなります。体重コントロールもしやすくなるでしょう。

野菜・果物ジュースはあくまでも補助的なものとして考え、食事で野菜などを摂取することが理想的です

▼宮澤氏の他の記事

専門家への質問はこちらから