close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【食事で夏バテ予防】スポーツ選手のための夏バテ対策講座

こんにちは、管理栄養士として活動しています河南こころです。

今回は、暑くなる季節に多くの選手も悩まされるであろう「夏バテ」を防ぐ食事についてお話ししていきます。

夏バテの症状・原因と対策は?

Q. 夏は毎年夏バテしてしまい身体がダルくなります。どうして夏バテしてしまうのでしょうか?原因と、夏バテしないための対策(食事)を教えてください!

夏バテの負のスパイラルへハマってしまう前に対策!

夏、暑いとどうしても冷たいものや水分を多くとってしまいます。そうすると、まず胃腸から弱ってきます

胃腸が弱った結果、食欲が落ちてしまい、そのまま食べずにいると、エネルギー源をはじめとするさまざまな栄養素が不足してしまいます

例えば、ビタミンB1が不足すると糖質をスムーズにエネルギーに変換することができませんし、カリウムが不足すると脱力感や食欲不振に陥ると言われています。

多少キツくても食べること

夏バテしないためには、冷たいものや水分ばかりとるのではなく、多少しんどくても食べることです

一般的に「精がつく食べもの」として知られている鰻やにんにくは、ビタミンB1が豊富だったり、カレーなど香辛料を使ったものは食欲をそそります。

ですが、夏バテの際には基本的には消化吸収が良いものや胃腸に優しいものがオススメですので、消化吸収に時間のかかる油っこいものは食べ過ぎないようにしましょう(鰻、カレーは脂質が多い)。

食欲がなくても食べられ、消化の良いものとしては、めん類などがのどごしも良いので、食べやすくオススメできると思います。

バランスよい食事に消化のいいものを心がけて夏バテを予防していきましょう。

▼河南氏の他の記事

専門家への質問はこちらから