close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

試合前のチョコは集中力を増す?甘いものを食べる効果と注意点

※今回の記事はこの質問を元に作成しています。

試合前にチョコなどの甘い物はアリ?ナシ?

大学三年生でアイスホッケーをしています。試合当日の食事についてなのですが、チョコとか甘いものをとると集中力が上がって良いという記事と、試合当日に砂糖を使った甘いものをとると血糖値が上がって良くないという記事をみかけたことがあるんですけど、どちらの理論を試合当日は実行した方がよろしいのでしょうか?よろしくお願いします。

試合前の甘いもの(糖質)活用法

試合前の食事はアスリートにとって気になるポイントのひとつですよね!

まずはご質問頂いた内容の結論からお伝えします。

どちらの方法も正しい部分と正しくない部分があり、どちらが良いのかという断言は難しいです。

色々な情報が混ざってしまっているようなので、整理してみましたので参考にしてみてください。

チョコなどの甘いものをとると集中力が上がる?

糖質は脳のエネルギー源となるため集中力が高まります。

ですが、チョコレートだけでは試合に必要な糖質量は摂取は難しいかと思います。

糖質は集中力だけでなく試合中の重要なエネルギー源となるため、試合前の食事はおにぎり、うどん、もちなどの高糖質食にすると良いでしょう。消化・吸収も考慮して試合開始の3~4時間前までに食べ終わるようにしてください。

また、チョコレートのカカオには「テオブロミン」という成分が含まれています。コーヒーなどに含まれているカフェインと似た作用をもっていて、覚醒作用により集中力を高めてくれます

ただし、ミルクチョコレートなどには脂質も多く含まれているため消化吸収に時間がかかってしまいます。そのため、集中力を高めるためにチョコを利用する場合は高カカオ配合のものを選ぶことをおすすめします

摂取後2時間以内に効果がでますので、摂取時間も考慮すると良いでしょう。

試合当日に砂糖を使った甘いものを食べると、血糖値が上がって悪影響?

試合で高いパフォーマンスを発揮するためには、試合時間に合わせて筋グリコーゲン(筋肉内のエネルギー)の貯蔵レベルを高い状態にする必要があります

筋グリコーゲンの貯蔵量を増やすためには高糖質の食事をすることがポイントです。

試合当日に砂糖を使った甘いものを食べてはいけないということはありません。カステラやあんぱん、まんじゅうなども糖質補給におすすめしています

ですが試合直前は血糖値を急激に上下させないことが大事です

試合直前の30分前に75gの糖質を摂取すると、急激に多量のインスリンが分泌されて低血糖を引き起こし、パフォーマンスが低下するという報告もありますので、試合直前はスポーツドリンクコップ2杯程度に留めておきましょう。

試合前3~4時間前の食事のあとに余裕があるようでしたら、1時間前にバナナやエネルギーゼリー、カステラなどで糖質補給ができるとより良いでしょう。

まずは、練習試合などで本番の試合を想定しながら実践してみてください。

▼宮澤氏の他の記事

専門家への質問は こちら から