close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

自主トレをより濃く、より楽しく!スマートバスケットボール「Wilson X」

見た目や感触、軽さは普通のバスケットボールと全く変わらないのに、センンサーが内蔵され、シュートの精度や飛距離を計測してくれるスマートバスケットボール「Wilson X Connected Basketball」を紹介しよう。

自主トレをより濃く、より楽しく!スマートバスケットボール「Wilson X」

「Wilson X Connected Basketball」はBluetoothでスマホのアプリと繋ぐことで、ボールに内蔵されたセンサーからシュートの精度・飛距離などの情報を得ることができるスマートバスケットボール。

室内でも屋外でも関係なく、使用することができ、リングとネットさえあれば、アプリからフリースローや、ブザービーターなどの状況を設定し、本番さながらの緊張感のなかで練習できる。

シュートの成功確率も集計してくれ、自分の苦手とする距離や角度なども分析が可能だ。

またセンサー内蔵のボールにありがちな充電の手間もなく、強力なバッテリーで10万回以上のシュートの計測が可能。これは1日300回のシュートを1年おこなっても大丈夫という計算になる。

バスケ選手のことを考え、設計されたスマートバスケットボール。価格は$199.99(約2万円)で販売中。

気になる方は以下の公式ウェブサイトをチェックしてみよう。

公式ウェブサイト

Wilson X Connected Basketball - Smart Sensor Basketball & App