close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【アスリートの名言】継続することで日本をリードした「浅田真央」のメンタル

口から出る言葉は、発した人のメンタルを表すもの。

心・技・体の全てを高め、戦うアスリートの言葉からメンタルを学び、自分の日々の考え方や習慣、行動に活かしてみよう。

今回は、2000年代から2010年代にかけて日本のフィギュアスケートシーンをリードし、世界選手権やオリンピックで数々のメダルを手にした日本のエース浅田真央選手から、継続の大切さを学んでみよう。

競技・普段の生活の考え方


↑出典:МаоАсада(Япония)нафиналеГран-при2012-2013,КороткаяпрограммаCC BY-SA 3.0

誰かに勝ちたいという気持ちはなかった。フィギュアスケートは、リンクに出たら自分一人。だから自分との闘いなんです。

発言するって、とても大事だと思う。それで自分の頭に、やるべきことをインプットできる。

自分の弱いところを出すと、自分の気持ちも弱くなると思いますし、自分の気持ちを強く持たないといけないと思うから言わないようにしている。

自分が目指しているものに近づきたいなら、すぐに結果は出てなくても、自分の方向性がブレていなければいい。

「いつも通り」というのが今、大切にしている言葉です。

継続・努力することの大切さ

運命ってだいたい決まっているんじゃないですかね。自分が努力すれば、その先はもう決まっているんじゃないですか。そんな気がします。

悩んで決める必要はないし、無ければ無いで、毎日やるべきことを全力でやっていけば、必ず自分に合った道が自然と見えてくると信じています。恐れずに、何事にもチャレンジしていくことが大切だと思います。

これまでの3年間、私は痛みや不安をたくさん経験してきました。でも、私が今いる場所まで来れたのは、その痛みのおかげだったんです。

やるしかない、練習するしかないんです。“浅田真央” から逃げることはできないので。


↑出典:Mao Asada during the ladies medals ceremony at the 2014 World Championships. She won the gold medal at this competition.CC BY-SA 3.0

ひとつのことに打ち込んだ努力は報われると感じています。

積み重ねた努力の重さ

5歳からフィギュアスケートに出会い、2017年4月10日に26歳で現役引退を報告した浅田選手。

コート上では常に笑顔で演技する彼女の、影での努力の重さを感じる言葉が多い。

継続し、結果を残すためにも、MUSTERの専門家の意見を参考に正しいアプローチの仕方を考えてみよう。

専門家への相談は こちら から