close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

スマホをスピードガンに変える小型デバイス「SCOUTEE」

以前、投げたボールの回転数までわかる野球ボールなど、練習を楽しくする選手向けの製品を紹介したが、今回は試合を分析するコーチや、選手の能力を見極めるスカウトマンの手助けになる製品を紹介しよう。

スマホをスピードガンに変える小型デバイス「SCOUTEE」だ。

スマホをスピードガンに変える「SCOUTEE」

SCOUTEEは、スマートフォンと組み合わせて使うスピードガン。

平らな形状で、手のひらに収まるコンパクトサイズなので、スマートフォンの裏に装着して使える。

精度の高いレーダー技術を使用し、投球のスピードや位置を計測、複雑な設定は必要なく、スマホのアプリとBluetoothで連携し、リアルタイムでスピードを表示できる。

ピッチャーの投げる様子をスマホで撮影しつつ計測すれば、後からピッチングフォームと球速を合わせて確認することができ、映像をコーチに見せて指導してもらうことも可能

また、試合で投げたボールの球種やコースなども集計することができるので、試合の後の反省にも非常に有効。

今まで大きな荷物を準備し、手動で入力していた作業をこれひとつに任せることもできるのだ。

現在(2017年4月)SCOUTEEは公式ウェブサイトでも品切れ状態で再入荷待ち。前回販売された際はひとつ$299(約33,000円)の一般販売価格だった。

次の入荷が待ち遠しいSCOUTEE、気になる方は公式ウェブサイトをチェックしてみよう。

公式ウェブサイト

Scoutee - The world’s first smart speed radar gun