close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

「ケトジェニックダイエット(ケトン体ダイエット)」はスポーツ選手に有効か?

こんにちは、管理栄養士として活動しています戸田遥子です。

今回は、ダイエット・減量の方法のひとつである「ケトジェニックダイエット(ケトン体ダイエット)」について、スポーツ選手に向けたアドバイスをしていきます。

ケトジェニックダイエットはスポーツ選手に有効?

Q. 体脂肪を減らしたいので、糖質制限について調べていたのですが、そこで脂質を主なエネルギー源にする「ケトジェニックダイエット」というものを知りました。筋肉を残してパフォーマンスを維持したいのですが、スポーツをしている人にとって「ケトジェニックダイエット」はスポーツ選手にとって有効なのでしょうか?

ケトジェニックダイエットは、今のところスポーツ選手に有効とは言えません。

「ケトジェニックダイエット」「ケトン体ダイエット」という名称で呼ばれる食事法は、糖質の摂取量を1日のエネルギー摂取量の20%まで、または1日あたり50gまでにするなど制限し、脂質からのエネルギー摂取量を65~80%程度にするというものです。

厚生労働省が一般の人向けに発表している「日本人の食事摂取基準2015」では炭水化物(≒糖質)からのエネルギー摂取量はエネルギー全体の50~65%、脂質からのエネルギー摂取量は20~30%が推奨されていることと比べると、ケトジェニックダイエットは脂質からのエネルギー摂取量がかなり多いことがわかります

ケトジェニックダイエットは体脂肪減少に効果的か?

一般人を対象とした研究では、脂質を制限した食事よりも糖質を制限した食事の方が体重減少のスピードが速いという報告もありますが、長期間でみると体重減少率は変わらないという報告もあります。

現在、スポーツ選手を対象としても研究が進められていますが、体脂肪の減少に有効であるかどうか、また、パフォーマンス向上に有効であるかどうか、確かなエビデンス(証拠)はありません

筋肉量を維持しパフォーマンスを向上させるために、スポーツ選手は十分な糖質をとることが重要であるということは多くのエビデンスがあり、有効であるということが分かっています。

競技やシーズンにもよりますが、体重あたり6~10g/日程度の糖質をとる事が勧められています

以上のことから、今のところはスポーツ選手にケトジェニックダイエットが有効とは言えません。

専門家への質問は こちら から