close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【スポーツの前にアリ?】エナジードリンクの効果や特徴

こんにちは、管理栄養士として活動している宮澤理恵です。

今回は活動的なイメージのあるエナジードリンクについての質問に答えていきます。

スポーツする時にエナジードリンクは飲んでもいいの?

Q. レッドブルやモンスターなどのエナジードリンクを飲んでトレーニングしている人がいますが、どういった効果があるのでしょうか?スポーツにいい効果があるなら取り入れたいと思っています。

ダイエット・減量目的であれば避けたほうが◎

エナジードリンクの栄養成分表示を見たことはありますか?

「名称:炭酸飲料」というのは清涼飲料水のことです。簡単に言うと含まれる成分はジュースとあまり変わらないということです。

エナジードリンク250mlを飲んだときに含まれる糖質量を単純計算でスティックシュガー(3g)に置き換えると、およそ9本分にもなります。

ダイエット目的でトレーニングをしているのであれば、せっかくのトレーニングが無駄になってしまいます。これは、体重コントロールをおこなっているスポーツ選手も同様です。

エナジードリンクの特徴

また、カフェインやナイアシン、パントテン酸、アルギニンといった成分が入っているのがエナジードリンクの特徴でもあります。

カフェインの特徴

カフェインは覚醒作用により集中力を高めてくれる効果があります。エナジードリンクに含まれるカフェイン量は製品にもよりますが、コーヒー1〜2杯分くらいです。

カフェインは1日500㎎以上の摂取は危険とされていますので、コーヒーやエナジードリンクをあわせて飲んだり、たくさん飲んでいる方は気を付けましょう。

また、カフェインには利尿作用がありますので、長時間のトレーニングの水分補給がエナジードリンクだけというのは、脱水症状を引き起こすおそれがありますので注意が必要です。

ナイアシン・パントテン酸の特徴

ナイアシン、パントテン酸はビタミンB群に含まれます。

両者ともエネルギーを作り出すのを助ける働きがあります。肉や魚などのたんぱく質がしっかりと摂取出来ていれば不足の心配は少ないでしょう。

アルギニンの特徴

アルギニンはコラーゲンの生成促進や、疲労回復に効果があるといわれています。食物だと肉類、ナッツ類、大豆、牛乳などに多く含まれています。

エナジードリンクの特徴は伝わりましたか?以上のことから、ご自身で考えた上で取り入れてみてはいかがでしょうか?

▼宮澤氏の他の記事

専門家への質問はこちらから