close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

たくさん食べると、少食を克服できるのか?

こんにちは、管理栄養士として活動しています河南こころです。

今回は、なかなかたくさんの量を食べることができない選手に多い、食事の悩みについて答えていきたいと思います。

たくさん食べるほど、食べられるようになる?

Q. 部活の合宿などで、「ごはん(白飯)をどんぶり〜杯」というノルマがあります。もともと少食なので、これがとてもキツいのですが、食べていくことで食べられるようになりますか?また、このように無理やり食べるのは、身体を大きくしたり、疲労回復につながるのでしょうか?

頑張って食べれば増える!でも、無理やり食べるのは……

少食でもある程度頑張って食べることによって食べられる量は増えますので、「自分でも少食だと思う」「体重が全然増えない」とあれば、頑張って少しずつ食べる量を増やしていく必要があります。

しかし、1日に必要なエネルギー量(カロリー)は人それぞれ違いますし、そのエネルギー量によってご飯の量も違ってくるので、例えば体重差が10kgもあるのにみんな同じ量(ノルマ)というのはナンセンスかと思います。

頑張って食べてもお腹が痛くなってトイレで出してしまえば、ほとんど吸収されずにもったいないだけです……。

一度にたくさん食べられないなら

一度にたくさん食べることがキツいのであれば、食べる回数を増やしてこまめにエネルギーを摂るという方法もあります。

しかし、まずは実際自分の年齢・体重・運動量では1日どれくらいのエネルギー量が必要なのか、具体的な数値を栄養士に相談して計算してもらうのもいいかもしれません。

無理やり食べるのは良くないことですが、しっかり食べることによってエネルギーや栄養素が摂れて身体を大きくすることや、疲労回復にもつながります。

まずは、1日にどれくらい必要なのか知ることから始めてみましょう。

専門家への質問はこちらから