close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【ミートや飛距離を伸ばす!】スイングスピードを上げるためのトレーニングメニュー

※今回の記事はこの質問を元に作成しています。

スイングスピードを上げるには?

高校2年生で野球をしています。

スイングスピードを上げるためにはどのようなトレーニングをすればいいのでしょうか。

スイングスピードを上げるためのフィジカルトレーニング

スイングスピードを上げるためにはスキルの面も非常に大切ですので、まずはスイングの形を技術指導者から教えてもらい、正しい技術を習得することが先決となります。

その上でフィジカルの視点からどのようなトレーニングに取り組めばいいか
解説したいと思います。

野球のバットのスイングはウェイトリフティングのように1回1回が全力でフルスイングすることが大切なので、基本的には筋力を増やすこと、そしてその増やした筋力を瞬発力を持って扱えるようになることが大切です。

野球の場合は、スイングもピッチングも両方とも下半身の力を上半身に伝えることが大切になるので、地面を蹴って身体を回転させるようなトレーニングが重要になります。

下半身のトレーニングであれば、以下のようなものに取り組んでいきましょう。

スクワット

ランジ/フロント・サイド・ツイスティング(足を踏み出した方に身体をひねる)

デッドリフト

アダクション

下半身から力を伝えるとなると、次に大切なのは体幹の部分です。ベースの部分では腹直筋のトレーニングも重要ですが、直接スイングスピードに繋げるには腹斜筋のトレーニングが大切になります。

サイドベンド

以上の種目が腹斜筋を鍛える種目になります。また体幹部は腹部だけでなく、背部の筋肉である脊柱起立筋も大切ですので、バックエクステンションや負荷をかけたハイパーエクステンションを取り入れ、慣れてきたらこちらも身体をひねるツイスティングエクステンションに挑戦していきましょう。

上半身の筋肉はいろいろな筋肉が関わっているので全体をバランスよく鍛えることが大切になりますが、特に大切なのは右バッターの場合に右手でバットを押す大胸筋と、左手でバットを引くときに働く広背筋です。

大胸筋は、ベンチプレスやダンベルフレイ

広背筋は、ワンハンドダンベルローやベントオーバーローイング、ラットプルダウンを取り入れていきましょう。

最後に腕のトレーニングですが、腕は他の部位に負けない程度、補足的に鍛えるようにしてください。腕を鍛えすぎると腕自体が筋肥大により質量になってしまう為、下半身や体幹に大きな負荷がかかるようになります。

スイングスピードの向上を目指す場合はあくまで補足的にトレーニングする程度にしておきましょう!

質問したい人はこちらから

同じように質問したい人は こちらから