close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【アスリートの名言】結果を出すことで自由を得る「中田英寿」のメンタル

口から出る言葉は、発した人のメンタルを表すもの。

心・技・体の全てを高め、戦うアスリートの言葉からメンタルを学び、自分の日々の考え方や習慣、行動に活かしてみよう。

今回は元サッカー日本代表として日本の3大会連続W杯出場に貢献するなど、プロサッカー選手として数々の結果を残し、引退後は実業家としても注目を浴びる中田英寿選手から、個性やプロ意識についての考え方を学んでみよう。

プロとしての意識


↑出典:mooinblack / Shutterstock.com

プロは練習が嫌いになるくらい練習するのが当たり前。だから僕は練習が嫌い。

美しいプレーを見せようと思ったら、地味な練習を死ぬほどしないと、基本があれば、1を100にすることだってできる。

基本がない選手は、いつか消えていくでしょう。

痛みに屈すれば、ゲームには勝てない。

何より大事なのは、何が必要かを自分で考えることだと思います。

選手としての個性

わがままなプレーをし続ける選手はバカか、本当にいい選手か、どっちかで終わる。

結果が出れば、本当にいい選手になるし(結果が)出なければ、バカだな......。だけども、バカな選手って言われてもそこで終わるわけじゃない。

絶対にそういう選手っていうのは、沈んでも上がってくる。

チームのためにバランスをとるということを考え始める。 それと、個性を出して点を獲りに行く。

やっぱそれは、自分の個性を出すことが勝たなきゃ絶対に駄目だと思う。

自分の考え方を貫きたい。そのためには自分の目指すサッカーをし、文句のつけようのないプレーを見せて勝利したい。

勝たなければ自分らしい生き方はできなくなる。

人としての考え方

ミスすることを恐れては勝利はない。それがどんなに大きなミスであっても、ミスしたことを後悔はしない。

それも自分の実力の一部であるし、勝つためには避けて通れないチャレンジだから。

良いことも良くないこともあった。

でもどんなことだって、すべては未来への糧になるんだと俺は思っています。


↑出典:mooinblack / Shutterstock.com

サッカーしか知らない人間にはなりたくない。いつも好奇心を持っていたい。

自分らしいプレーや自分らしい生き方を実現するために、自分のやり方で結果を出してきた中田選手

サッカーのみでなく多方面で結果を出す彼の個性に関する考え方は見習っていきたい。

読者の方々も自分のプレーや個性を活かすために、MUSTERのトレーニングや栄養の専門家の意見を聞いてみよう!

専門家への質問は こちら から