close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【バスケ選手のためのアジリティトレーニング】ウォールドリル・エルボープレス

バスケットボールにおいてはジャンプ力など、上方向への動きだけでなく、前後左右に素早い動きが求められる。

バスケットボール選手なら誰でも「オフェンスやディフェンスで活きる敏しょう性(アジリティ)を高めたい」と思ったことがあるのではないだろうか?

そんな選手のために、NBA所属のチーム「サンアントニオ・スパーズ」にアスレチックトレーナーとして7年間在活躍し、現在は東京医科歯科大学の特任助教であるMUSTERの専門家、「ダイス・ヤマグチ」氏のアジリティトレーニングを紹介しよう。

▼まずはすべての動きの基本になる「パワーポジション」を身につけよう

アジリティトレーニングのプログレッション

バスケットボールはオフェンス・デフィフェンスともに幅広い場面で素早い動き出しや、左右への切り返しが重要なスポーツ

今回は左右への動きや切り返しを素早くするために、床の力を利用する感覚をつかむためのトレーニングを紹介していく。

1.ウォールドリル・エルボープレス(今回紹介)
2.ウォールドリル・ハンドプレス
3.バンドサイドステップ
4.バンドサイドスライド
5.ボールアンダーハンド・サイドスロー

アジリティトレーニング「ウォールドリル・エルボープレス」

壁に肘を押し付けて姿勢をキープすることで、床の力を使う感覚を身につけるトレーニング。

基本の姿勢である「パワーポジション」を習得するときに身につけた、身体の感覚を思い出しながらトレーニングしよう。

ウォールドリル・エルボープレスのやり方

1.腕を肩の高さにあげると、肘がちょうど壁に当たるような位置に立つ。
2.ディフェンスの中腰の姿勢をとったまま、壁に肘を押し当てる。
3.壁に力を入れながら、肘を当てた側の足を少しだけ床から持ち上げ、姿勢を20秒ほどキープ
4.左右の肘でおこなったら、次は壁に近い方の足でトレーニング、左右入れ替えておこなう。

トレーニングのポイント

  • 肘を壁に押し当てるときに、肘の位置が肩よりも高くならないように注意
  • 力を入れるときに首がすくめないようにする
  • 踏ん張る足は、トライポッド(下図)を意識して力を入れる
  • 腰が丸まったり、反りすぎたりしないように「パワーポジション」を意識する


↑母指球、小趾球、かかとの3点に均等に体重を乗せる「トライポッド」

サイドステップやクロスステップの動き出しを素早くするために大切なトレーニング。しっかりと一歩目から爆発的な動きができるように取り組んでみよう。

次回はこのトレーニングの発展系を紹介しよう。