close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【組手を強化】手首・前腕を鍛え、握力を向上するトレーニング

※今回の記事はこの質問を元に作成しています。

手首や組手の力を強化するトレーニング

高校2年生で柔道部です。

手首や組手の力を強くするためのトレーニングなどはありますか?

手首や握力の力を強化するトレーニング

手首や組手の強化をしたいということですが、まず、手首の強化についてはダンベルやバーベル等を使っておこなう「リストカール」や「リストエクステンション」というトレーニングがあります。

・リストカール

・リストエクステンション

前腕部分を固定した状態でダンベルを持ち、手を様々な方向に動かすトレーニングで、手首に関わる筋肉を強化することが可能です。

また回したり、キープしてもトレーニングの効果が得られます。

柔道特有の握力トレーニング

次に組手の強化についてですが、そのひとつに握力の強化が挙げられます。

柔道特有のトレーニングとしては、綱に上ったり、柔道着を鉄棒などに引っ掛けぶら下がったり、懸垂をおこなうトレーニングが良いと思います

柔道着に重りなどを入れ、持ち上げたり回したりするのも手首、握力両方の強化になります。ただ重りを上げるよりは指先の筋肉も使うため、より柔道に特化したトレーニングになるでしょう。

これらのトレーニングで手首の筋肉を強化し、組手の強化につなげていくことは可能ですが、柔道の組手の練習をおこなうことが最も必要です。つまり組手の練習そのものが手首や組手の筋肉の強化になっているということです。

トレーニングはあくまでひとつの手段ですので、しっかり練習に取り組むことがまずは重要だといえます。頑張ってみてください!

質問したい人はこちらから

同じように質問したい人はこちらから