close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

バスケで当たり負けしない「フィジカル」を手にいれるトレーニング

※今回の記事はこの質問を元に作成しています。

センターで活躍するためにフィジカルを強くしたい!

大学2年でバスケをしています。バスケの当たり(フィジカル)の強さについて教えて欲しいです。

センターなのでフィジカルを強くしたいです。腕立て伏せや腹筋などはやっていて、見た目では筋肉はついていて、足の速さ、持久力などは結構自信があるのですが、自分より細い子が自分よりフィジカルが強かったりします。

フィジカルを強くするのに効果的なトレーニングを教えてください。よろしくお願いします。

筋力強化か、身体の使い方に注意してみよう

バスケットボールのフィジカルの強さに影響を与える身体的要因ですが、

①身体を支える筋力の強さ
②身体の大きさや体重
③身体の姿勢(パワーポジション)
④身体の使い方

などが挙げられます。

したがって足が速いから、持久力があるからといってフィジカルが強くなるとは限りません。また見た目が細くても筋力が強い選手もいますので、見た目だけでは判断できません。

今回の質問について言えることは、筋力不足に問題がある、と感じる場合は筋力トレーニングを行ってください。

腕立て伏せや腹筋などの上半身の筋力は必要ですが、それよりも下半身を鍛えるスクワットやランジなどの種目を取り入れてください。

また今までやってきたトレーニングが慣れてきているのであれば負荷を増やしたり、器具を使用したトレーニングなどを取り入れてみてください。

腕立て伏せや腹筋だけでは筋力トレーニングとしては量が少ないですし、筋力強化に限界があります。

身体の使い方にも注意

もし筋力に問題がなければ、おそらく競技中の身体の使い方姿勢の方に問題がある可能性があります。

パワーポジション と呼ばれる姿勢が取れていなかったり、コンタクトの際に身体が受け身になっていたり、足幅が狭かったりするといくら筋力があってもフィジカルで負けてしまいます。

パワーポジションとは、バスケでいうと常に手で膝が触れるぐらいの姿勢でプレイできているか?ということです。もちろん腰は曲がらずまっすぐの姿勢がベストですね。

また、試合中のルールでは身体を故意にぶつけるとファウルを取られますが、練習では問題ありませんので、身体の感覚を掴むために身体をぶつけあうようなトレーニングをやってみてください

足幅はどのような位置が安定するかとか、膝はどの位置でどれくらいの角度が良いか、相手の力に対して自分から当たっていくとか、色々試してみて自分の感覚に会う身体の使い方を確認するのも良いと思います。そして日々の練習やトレーニングの中で正しい姿勢を常に意識し、継続して行っていく必要があります。

実践から学び、トレーニングで補強し、また実践で活かす

フィジカルを強化するために最大筋力を高めること、身体の姿勢や使い方を習得することはどちらも重要です。

どちらにしても筋力トレーニングは継続的に行いながら、姿勢や動きを習得するトレーニングを行ってください。また、試合形式の練習や試合と同じ状況下でコンタクトをおこなうような練習の中で、意識して身体を使うことも必要です。

実践から学び、トレーニングで補強し、また実践で活かす。これを繰り返しておこないましょう。

MUSTERに自宅で出来る下半身の強化メニューの動画がありますので、活用されてみてはいかがでしょうか?応援しています!

質問したい人はこちらから

同じように質問したい人は こちらから