close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

2020年、東京五輪のカギ。「アスレチックトレーナー」とは?

読者の方は「トレーナー」と聞くと、どのような仕事をイメージするだろうか?

身近なものだと、パフォーマンスを上げるためのトレーニングの指導や、ケガからのリハビリテーピング、試合や練習でケガが発生したときの応急処置など、スポーツ現場での仕事を思い浮かべるだろう。

スポーツのトレーナーにはいくつかの種類があり、専門とする分野が分かれているのだが、上記のような現場での選手のサポートから、オリンピックなどの大きな試合で、選手が実力を発揮するための環境作りもおこなう「アスレチックトレーナー」が今、注目されている。

2020年、東京五輪のカギになると考えられているアスレチックトレーナーの仕事について知ってみよう。

2020年、東京五輪のカギ。「アスレチックトレーナー」とは?


↑出典: ランナーズハイ「アスレチックトレーナー」/速報 | ホウドウキョク

こちらはホウドウキョクにて扱われた「アスレチックトレーナー」の特集。

2017年2月11日にJATO(ジャパン・アスレティックトレーナーズ機構)によって開催されたイベント・セミナーの様子を紹介したもので、アスレチックトレーナーの仕事内容や、2020年に向けた課題がわかりやすく解説されている

トレーナーが選手の力を最大限発揮するために努力を重ねるように、選手もトレーナーがどんなことができるか、どこまでトレーナーに協力を求められるか知っておく必要がある。

スポーツでの活躍を目指す選手はぜひ動画を参考にしてほしい。

【動画はこちらから】
ランナーズハイ「アスレチックトレーナー」/速報 | ホウドウキョク

アスレチックトレーナーに質問してみよう

MUSTERではアスリートを幅広くサポートするアスレチックトレーナーへの質問ができる。トレーニングやケガの悩みに幅広く回答できるので、周りに専門家がいない選手や、保護者の方はこちらのリンクから質問してみよう。

きっと悩みを解決する手がかりになるはずだ。

質問はこちらから