close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

BCAAにさらにプラス?アミノ酸系サプリメント「EAA」とは?【スポーツサプリ学】

こんにちは、パーソナルトレーナー兼、管理栄養士として活動している吉村です。

本連載では、【スポーツサプリ学】というテーマで、スポーツやトレーニングに関係するサプリメントの効果やおすすめの飲み方、注意点などについて解説しています。

インターネット上にはサプリメントに対する様々な意見がありますが、「スポーツ競技者の方はこれを見れば大丈夫」というように簡潔にまとめました。

︎▼前回の記事「BCAA」

  • どんなサプリメントを摂取すればいいの?
  • 自分の競技にはどのサプリメントがあっているの?
  • 情報がありすぎて何を信じればいいかわからない......

こういった悩みを持っている選手はぜひ参考にしてください!

それでは今回は「EAA」について解説していきます。

EAAとは?

EAAとは必須アミノ酸の9種類がひとつにまとめられたものです。(※必須アミノ酸とは、体内で合成できず食事による摂取が必要なもの)

具体的に9種類を紹介すると以下のものなります。

  • イソロイシン
  • ロイシン
  • リジン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • スレオニン
  • トリプトファン
  • バリン
  • ヒスチジン

サプリメントについて詳しい方なら気づくと思いますが、幅広いスポーツの選手が取り入れているBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)はEAAの一部です。

EAAの効果は?

EAAは前述したように9種類の必須アミノ酸がひとつになったものですので、いくつか働きはありますが、主なものは以下になります。

  • 筋肉の分解の抑制
  • 筋肉の合成の促進

また、BCAAも含むので、BCAAの働きである。筋肉や脳の疲労を取り除くといったものも含まれるでしょう。

EAAが有効な状況やスポーツ選手

EAAはBCAAと同じく筋肉のエネルギーとなり(分解の抑制)、また筋肉の再生を高める効果も期待できる(合成の促進)ので、あらゆるスポーツに有効となるサプリメントと言えます。

しかし、EAAは肉や魚といった身近な食品に多く含まれている成分でもあるので、これらを日常的に意識して摂取している人にはサプリメントからの摂取は不必要かもしれません。

EAAを飲むタイミングや量

EAAを飲むタイミングは、その効果から運動(練習やトレーニング)の直前や、運動後、または運動の間に飲むと有効活用できるかと思います。

ただEAAはBCAAよりも吸収速度が少し遅いという特徴もあるので、BCAAよりも少し早めのタイミングで摂取しておく(運動をおこなう前30〜60分)という意識を持っているといいですね。

飲む量はメーカーのパッケージに記載されてある量を参考に、過剰に摂取しないようにしましょう。

EAAの選び方・おすすめのEAAは?

EAAのサプリメントとして販売されているものにはアミノ酸8種類含まれているものと、9種類含まれているものがあります。

基本的には海外で販売しているものは8種類日本で販売しているものは9種類となっており、トリプトファンが含まれているか否かといった違いです。

基本的に摂取した必須アミノ酸が体内でたんぱく質になるときには、必須アミノ酸がバランスよく揃っている必要がある(アミノ酸スコアが高い)ので、その点を考えると9種類含まれているもの選ぶといいのではないかと思います。

EAAを飲むときの注意点

EAAを飲むときはBCAAと同じくいくつか注意すべきポイントがあります。

まず、肉や魚などに含まれている必須アミノ酸なので、摂取することによる副作用などはありませんが、BCAAと同じく過剰に摂取してしまうと、精神的な疲労を取る妨げになる可能性や、長期的に見ると長期的にみると腎不全などのリスクが高くなってきます

パッケージに記載されている量から過剰に摂取しすぎないように注意してください。

EAAを有効に活用してみよう

EAAは多くのアスリートが使っているサプリメントではありますが、あなた自身にとって有効かどうかは競技や食生活によって変わります

EAAを取り入れる際は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

その他サプリメントについて質問があればこちらで受け付けていますので、いつでもご連絡ください。

▼その他のサプリメント