close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【オフシーズンの肉体改造】急に体重を増やすのはなぜ?

今年のはじめからスポーツニュースを賑わせている野球選手の肉体改造。

なぜ彼らは短期間で一気に体重を増やすのだろうか?

パーソナルトレーナーであり、管理栄養士である吉村俊亮氏に、短期間の増量のメリットやデメリットを伺った。

なぜ、急に体重を増やすのか?

まず、体重を増やす理由と、それを短期間でおこなう理由に分けて考えましょう。

体重を増やす理由

野球選手がオフの期間に体重を増やすのは筋肉量を増やすことで、競技におけるパフォーマンスのベースである筋力を増やすことが目的だと思われます。

筋肉量を増やすためには、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いオーバーカロリーの状態でなければいけないので、筋肉量を増やそうとすると体脂肪も増え、自然と体重も増えていきます

短期間で増やす理由

次に短期間で増やす理由です。

筋肉量を増やすための食事とトレーニングにより単純に筋肉量が増えても、それを上手に扱う(筋出力を出す)ことができなければ、せっかく増やしても競技の場面で活きないので、そのために別のトレーニングも必要になります

野球選手はオフシーズンの短い自主練の期間で、筋肉量を増加させ、筋出力の向上までおこないたいと考えるため、徐々に体重を増やすのではなく、短期間に増やすことでより効率的におこなおうとしているのでしょう。

体重を増やすときの注意点は?

プロ野球選手たちの肉体改造の報道に影響され、体重を増やそうと思った方、体重を増やすときにはひとつ注意点があります

それは体重が増えることで身体の使い方が変わるということです。

人間の身体を車に例えると、筋肉はエンジンです。

これが強化されればスピードやパワーを増すことはできますが、それをコントロールするドライバー(人間なら脳)がその性能に慣れていなければ思うように運転することはできません

このように身体のどこかが急激に変わると、他の部分をその動きに対応させるチューニングの期間が必要になります

プロ野球の選手がオンシーズンに肉体改造をしないのはこういった問題もあるからですね。この点から、一般の部活動生やスポーツ愛好家の方なら徐々に体重や筋肉量を増やすことがベストです。

部活動生でもプロ野球選手と同じく、試合がない期間のある野球選手はひとつの参考になるかもしれません。

実際に短期間で筋肉が増えるものなの?

メディアなどで「2週間で〜〜キロ増!!」と報道されるため、「短期間でそんなに身体を変えることができるのか!?」と驚いてしまう方もいるかもしれませんが、実際はオーバーカロリーにするために炭水化物をたくさん摂取したことで、筋肉が水を蓄えているのが原因だと思います。

マラソンランナーの方が試合前に糖質を蓄える「グリコーゲンローディング」をするように、大量の炭水化物を摂取すると筋肉のエネルギー源であるグリコーゲンと共に水分を蓄えます。この時の水分で体重は簡単に1〜2キロ変わります

前後で体脂肪量や体水分量などの数値を計測していませんので確かなことは言えませんが、短期間で筋肉量が急激に増えたり、体脂肪が急激に減ったりすることはあまりありません。

部活動生などは体重だけでなく、体組成をチェックしながらトレーニングしていくようにしましょう。