close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

今、力のある選手を「ひいき」するとチームは伸びない

ジュニアチームのコーチや、部活動のキャプテンなど指導者やリーダーの立場にある人は、チームの勝利を焦ることで「今、力(競技力)のある選手」をひいきしてしまいがちだ。

柔道や、空手などの個人戦の競技はもちろん、サッカーやバレーボール、野球などチームスポーツでも競技力のある選手は注目されやすく、指導者やリーダーも期待をこめ、熱の入った指導をする。

チームの勝利のために、熱の入った指導をするのは間違いではないが、そのせいで他の選手への指導がないがしろになっていないだろうか?

結果に焦ってしまうと?

指導者やリーダーとして、チームでの結果を出すことは確かに大切

しかし、結果を出すことに焦ってしまうと、チームのなかで目立つ存在である力のある選手を無意識にひいきしてしまいがちになる

しかし、長期的なチームのレベルアップや選手の未来のことを考えると、全ての選手にバランスよく指導をすることが大切だ。

例えば、平均競技レベル3の野球チームで3人の選手が6レベルだったとする。

この3人だけを無意識にひいきしてしまった結果、3人のレベルが3ずつ伸びるよりも、チームひとりひとりが1以上伸びる方がチーム全体の競技力は向上する。

もちろん、単純に数字で表現できるものではなく、全体の数字が上昇することが勝利に繋がることではないが、格闘技など1対1の競技でも団体戦では1人だけ勝っても意味がないように、チームとして結果を出すためには、競技力の高い選手だけをひいきしてはダメなのだ。

無意識のひいきが生む多くの問題

このようなチーム全体の競技力の点以外にも、力のある選手にだけ熱の入った指導をすると様々な問題が生まれる。

  • ひいきした選手が練習の時間が長くなることや、練習の強度が高くなることでケガをしてしまう
  • 他の選手がひいきしていることに気づき、やる気がなくなる
  • チームスポーツの場合、戦術が単調になり、変化できない
  • 部活動やジュニアスポーツの場合、次年度のチーム育成が大変になる
  • 飲み込みの早い選手だけを指導した結果、指導力の低下

この他にも、上記の問題が重なることで、チーム全体の雰囲気の悪化などに繋がるため、無意識のひいきは恐ろしい。

多くの選手がレベルアップできる指導を

チームに関わる全ての選手をレベルアップさせることは、プロスポーツでも部活動でもジュニアスポーツでも大切。

指導者は過去の慣習に縛られず、同じ場所と時間でどれだけ多くの選手がレベルアップできるかを常に考えて、チームのレベルアップを狙ってほしい。

未来ある選手たちの可能性を潰さないためにも、全員の花を開かせるという意識で指導していこう。