close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【バスケ選手のためのジャンプ力向上トレーニング】ハードルホップ

バスケットボール選手の必需品である「ジャンプ力」。

ジャンプ力を向上させたいというバスケットボール選手のために、NBA所属のチーム「サンアントニオ・スパーズ」にアスレチックトレーナーとして7年間活躍し、現在は東京医科歯科大学の特任助教であるMUSTERの専門家、「ダイス・ヤマグチ」氏のジャンプ力向上トレーニングを紹介する。

▼前回のトレーニング

「ジャンプ」の動作に繋げるためのプログレッション

高く速く跳ぶため動作に繋げるトレーニングを解説。

全ての動きの基礎である「パワーポジション」をしっかり身につけていなければケガをしてしまう可能性があるトレーニングも含まれているので、復習してから取り組むようにしよう。

1.アンダーハンド ボールスロー
2.ボックスジャンプ
3.ボックスドロップランディング
4.ボックスドロップジャンプ
5.ハードルホップ(今回紹介)

ハードルホップ

ハードルを3〜4個ほど同じ間隔で置き、床の反発を活かしながら、リズム良く連続でジャンプして跳び越えるトレーニング。

ハードルホップのポイント

  • パワーポジションやトライポッドなど、今までのトレーニングで身につけた姿勢や感覚を活かして跳ぶ。
  • 着地後は止まったり、力まかせに跳んだりせず、床の反発を活かしてすぐに高く跳び上がる。

今回のハードルホップでジャンプトレーニング編は終了

ハードルホップを連続でうまく跳ぶことができなかった人は、前回のボックスドロップジャンプからやり直して、少しずつ連続で跳ぶ感覚を身につけていこう

次回はアジリティへ

今後はバスケ選手に必要なアジリティ(敏しょう性)を高めるトレーニングを配信予定、楽しみにしていてほしい。