close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【バスケ選手のためのジャンプ力向上トレーニング】ボックスドロップジャンプ

バスケットボール選手の必需品である「ジャンプ力」。

ジャンプ力を向上させたいというバスケットボール選手のために、NBA所属のチーム「サンアントニオ・スパーズ」にアスレチックトレーナーとして7年間活躍し、現在は東京医科歯科大学の特任助教であるMUSTERの専門家、「ダイス・ヤマグチ」氏のジャンプ力向上トレーニングを紹介する。

▼前回のトレーニング

「ジャンプ」の動作に繋げるためのプログレッション

高く速く跳ぶため動作に繋げるトレーニングを解説。

全ての動きの基礎である「パワーポジション」をしっかり身につけていなければケガをしてしまう可能性があるトレーニングも含まれているので、復習してから取り組むようにしよう。

1.アンダーハンド ボールスロー
2.ボックスジャンプ
3.ボックスドロップランディング
4.ボックスドロップジャンプ(今回紹介)
5.ハードルホップ

ボックスドロップジャンプ

ボックスやベンチ、階段などの段差と、跳びやすい位置にラインやハードルなどの目標物や障害物を設置。段差から飛び下りた後、床の反発を利用し目標物や障害物を跳び越えるトレーニング。

ボックスドロップランディングのポイント

  • ボックスやベンチなどから飛び下りた後は、床の反発を使って跳ぶ。
  • 高く速く跳びやすい動きの感覚を身につける。
  • 2度目の着地は衝撃を吸収して優しく・静かに着地する。
  • 簡単な障害物を跳び越えることができたら、少しずつレベルアップする。
  • 跳び下りるために出す足を左右入れ替えて、両足で着地の感覚を身につける

パワーポジションや、今までのジャンプトレーニングの総決算である「ボックスドロップジャンプ」。

次回ジャンプトレーニングの最終回に向けて、ケガのないようジャンプの感覚や、着地の姿勢を身につけていこう。