close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【バスケ選手のためのジャンプ力向上トレーニング】アンダーハンド ボールスロー

バスケットボール選手の必需品である「ジャンプ力」。

ジャンプ力を向上させたいというバスケットボール選手のために、NBA所属のチーム「サンアントニオ・スパーズ」にアスレチックトレーナーとして7年間活躍し、現在は東京医科歯科大学の特任助教であるMUSTERの専門家、「ダイス・ヤマグチ」氏のジャンプ力向上トレーニングを紹介する。

▼前回のトレーニング

前回までの5つのトレーニングで「すべての動きの土台」のパワーポジションを身につけたら、実際にジャンプするための動作へと繋げていこう。

「ジャンプ」の動作に繋げるためのプログレッション

前回までのパワーポジションを身につけるためのトレーニングから、今回からは実際に高く速く跳ぶため動作に繋げるトレーニングを解説。

「パワーポジション」をしっかり身につけていなければケガをしてしまう可能性があるトレーニングも含まれているので、復習してから取り組むようにしよう。

1.アンダーハンド ボールスロー(今回紹介)
2.ボックスジャンプ
3.ボックスドロップランディング
4.ボックスドロップジャンプ
5.ハードルホップ

アンダーハンドボールスロー

メディシンボールを下手投げで強く・速く・遠くへ投げるトレーニング。

前回までのトレーニングで身につけたパワーポジションの感覚を持ったまま、パワーを爆発させるように一気にボールを投げることを意識しよう。

アンダーハンドボールスローのポイント


↑母指球、小趾球、かかとの3点に均等に体重を乗せる「トライポッド」

高く跳ぶための身体の感覚を掴めるトレーニング。今までのトレーニングで身につけたトライポッドとパワーポジションを意識しながら爆発的に力を出してみよう。

次回は実際にジャンプするトレーニング。ケガの危険のない動き作りのためにも、ひとつずつクリアしていこう。