close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【バスケ選手のためのジャンプ力向上トレーニング】スクワット

バスケットボール選手の必需品である「ジャンプ力」。

ジャンプ力を向上させたいというバスケットボール選手のために、NBA所属のチーム「サンアントニオ・スパーズ」にアスレチックトレーナーとして7年間活躍し、現在は東京医科歯科大学の特任助教であるMUSTERの専門家、「ダイス・ヤマグチ」氏のジャンプ力向上トレーニングを紹介。

▼前回の記事

今回は「ゴブレットスクワット」の次のステップのトレーニング、「スクワット」を紹介しよう。これがパワーポジションシリーズ最後のトレーニングなので、今までのトレーニングをしっかり思い出しながらやってみよう。

「パワーポジション」のためのプログレッション

ジャンプだけではなく、前後左右への動きを綺麗に効率よくおこなうための基本姿勢「パワーポジション」を身につけるためのトレーニング。

「すべての動きの土台である」と言っても過言ではないパワーポジションをしっかり身につけるために、以下の5つのトレーニングを着実に積み重ねていこう。

1.バルーンブリージング
2.バランスボール・ランバーロッキング
3.バンドウォールプレス
4.ゴブレットスクワット
5.スクワット(今回紹介)

スクワット

両肩の位置に重りを持って、今までのトレーニングの姿勢のまま力を発揮するトレーニング。

前回までと同じく、「腹圧」の高まりや、お尻から頭を一直線にすることを忘れず、正しいフォームで動けるように意識しよう。

スクワットのやり方

両肩の位置に重りを持って、スクワットする。

重りは重すぎて姿勢が崩れない程度のものを選ぶ。持つときは肩に無駄な力が入らないように、楽な姿勢をとる。

トレーニングのポイント

  • バルーンブリージングでの腹圧とストレッチポールの姿勢を忘れずに
  • しゃがむときは、バランスボール・ランバーロックでのボールを押し込む動きのイメージで
  • 立ち上がるときは、トライポッドを意識して足全面を使って踏み込む
  • 膝や腰などに注目し、「フォームが悪くならない」ように考えるよりも、今までのトレーニングで身につけた姿勢でいい動きができるように意識する

今回までの紹介した5つのトレーニング。これをしっかりやった選手はパワーポジションが身についているはず。次は実際にジャンプのためのトレーニングを紹介していく。お楽しみに。