close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【バスケ選手のためのジャンプ力向上トレーニング】バルーンブリージング

高さ305cmの位置にあるゴールをかけて攻防するバスケットボール選手には、よりゴールに近い位置に到達するための「ジャンプ力」は必需品。

バスケットボール選手なら誰でも「ジャンプ力を向上させたい」と思ったことがあるのではないだろうか?

そんな選手のために、NBA所属のチーム「サンアントニオ・スパーズ」にアスレチックトレーナーとして7年間在活躍し、現在は東京医科歯科大学の特任助教であるMUSTERの専門家、「ダイス・ヤマグチ」氏のジャンプ力向上トレーニングを紹介しよう。

▼あわせて読みたい記事

「パワーポジション」のためのプログレッション

まずはジャンプだけではなく、前後左右への動きを綺麗に効率よくおこなうための基本姿勢「パワーポジション」を身につけるためのトレーニングを段階的に紹介。

「すべての動きの土台である」と言っても過言ではないパワーポジションをしっかり身につけるために、今回は5つトレーニングを積み重ねていこう。

1.バルーンブリージング(今回紹介)
2.バランスボール・ランバーロッキング
3.バンドウォールプレス
4.ゴブレットスクワット
5.スクワット

ジャンプ力向上トレーニング・パワーポジションを身につける

↑パワーポジションを身につける「バルーンブリージング」

「パワーポジション」はバスケットボールの動きの基本となるもの。

パワーポジションを身につけることで、前後左右そして上への動きを、綺麗に効率よくできるようになる。ジャンプ力を向上させるためにも、まずは基本となるパワーポジションを身につけよう。

バルーンブリージング

風船を使った呼吸のトレーニングで、「腹圧」を高める感覚を身につける。

また、ストレッチポールを使うことで、パワーポジションの基本になるお尻から頭へのまっすぐのラインを意識できるようになろう。

Level.1 普通に風船を膨らませる

日頃風船を膨らませるように、指でつまんで空気を止めながら

Level.2 指で空気を止めずに膨らませる

次は指で止めずに、風船を加えたまま鼻から吸って口で吹き込む

Level.3 1度の息でできるだけ大きく膨らませる

一度の呼吸で、できるだけ大きく膨らませられるように息を吹き込む

Level.4 ストレッチポールに仰向けになっておこなう

Level.1.2.3をストレッチポールの上でおこなう。両足はしっかりと地面につけてバランスをとろう。

トレーニングのポイント

  • 息を吹き込んでいるときに、お腹の力の入り具合を感じる
  • 風船を膨らませるために力んでしまって、肩が上がらないように気をつける

お腹への力の入り具合や、頭からお尻が一直線になった感覚を意識できるようになっただろうか?

バスケットボール選手に必須のパワーポジションを身につけるためのトレーニング、次はバランスボールを使ったトレーニングを紹介する!

▼次のトレーニングへ