close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【膝の下が痛い!】子どものスポーツの悩み「オスグッド病」とは?

サッカーや、バスケ、バレー、野球など子どもが取り組むスポーツの多くで見られる「オスグッド・シュラッター病」。「オスグッド」と略されることが多い10代のスポーツ選手によくみられるスポーツ障害のひとつだ。

運動中、もしくは安静時も「ひざの下が痛む」というもので、症状の軽いものなら痛みに耐えながらもプレーできるが、症状の重いものになるとプレーのパフォーマンスも落ち、後遺症が残る可能性もある。

今回はオスグッド病の症状や原因、治療法について紹介しよう。

「オスグッド・シュラッダー病」の症状とは?

オスグッド・シュレッター病は10歳〜14歳程度の成長期の子どもによくみられる。症状には軽症・中等症・重症と3段階のものがある。

軽症(第1度)

スポーツ活動に差支えない。スポーツ活動の後に疼痛(とうつう)がある。

中等症(第2度)

スポーツ活動は一応満足に可能。スポーツ活動中と後に疼痛がある。練習後、トレーニング後などに強い痛みがあるものの、翌日まで残ることはない。

重症

スポーツ活動に差し支えのある痛み。運動痛と共に自発痛がある。練習中や試合中に思い切りパフォーマンスすることができず、シャープな動きやストップ&ダッシュにキレがなくなることがみられる。

「オスグッド・シュラッダー病」の原因とは?

成長期での急激な骨の成長により、太ももの筋肉の緊張が高まること。

筋肉はゴムのように伸び縮みするものとイメージして、その両端が骨の成長により離れることで筋肉が緊張し、筋肉が骨についている部分に負担をかけてしまう。

下肢のアライメント異常

ひざの皿付き方(Q角)の大きい場合、外反膝(X脚)、回内足など

オスグッドの治療方針

軽症(第1度)・中等症(第2度)の治療

痛みが少ない1度・2度は運動しながら治療していく。

成長期は予防と早期発見のためにも太ももの前に筋肉(大腿四頭筋)のストレッチを欠かさず取り入れ、運動後はひざ下のすねの部分(脛骨粗面)のアイシングすることで炎症や痛みを抑える。

▼あわせて読みたい記事

重症(第3度)の治療

表面だけでなく、奥の組織まで症状が達し組織変化を起こしている場合、目に見えて選手のパフォーマンスも悪くなり、痛みも強くなる。

この場合は後遺症を残さないためにも一度プレーから離れ治療に専念すべき。先ほどと同じく、太ももの前に筋肉(大腿四頭筋)のストレッチを欠かさず取り入れ、運動後はひざ下のすねの部分(脛骨粗面)のアイシングすることで炎症や痛みを抑える。

必ず整形外科に足を運び、レントゲンを撮影して症状がどこまで進んでいるか確認し、完治するまではプレーを控えよう。

オスグッドの後遺症を出さないためには

オスグッド病は成長終了とともに痛みが治まるものが多いが、第3度まで達してもプレーを続けた場合には後遺症が残ることもあり、成長期終了後も定期的に病院に出向く必要を迫られることになる。

手術をして痛みを抑えることにもなりかねないので、保護者やコーチ陣は子どもの未来のためにも先を見据えた指導を心がけてほしい。