close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

強いメンタルを手に入れるための正しいトレーニング方法【メンタルトレーニングNo.10】

こんにちは、スポーツメンタルトレーニング指導士の河津です。

これまで連載記事では、メンタルトレーニングとは何をどのように鍛えていくものなのかについてお話ししてきました。

今回はどのような順序でトレーニングが進んでいくのか、ひとつのモデルとして提案されているトレーニングの進め方を紹介していきます。

▼前回のおさらい

トレーニングサイクルの紹介

下の図をご覧ください。こちらの図からわかるように、トレーニングはひとつの区切りが終わったらそこから反省をして、次のステップに継続していくというような循環の形をとります。

こういったサイクルはビジネスの分野においても「PDCAサイクル」と呼ばれ、浸透しています。このサイクルを回していって、継続的にメンタルを改善していくことが重要です。

実際のメンタルトレーニングのやり方について

①心理的競技能力の診断
自分の心理面の長所短所を分析し自分に必要な心理的競技能力を明確にする

②「やる気」を高める
分析の結果を踏まえて、試合やトレーニングなどの目標設定をし、トレーニングに対するやる気を高める

③「よい緊張感」をつくる
体や心の緊張をコントロールするために、リラクゼーションやサイキングアップのトレーニングをする

④集中力のトレーニング
集中を持続する、集中を切り替える、集中を乱されないためのトレーニングをする

⑤イメージのトレーニング
試合に対する作戦のリハーサルや、成功イメージなどによる自信の向上のトレーニングをする

⑥メンタルな動きづくり、競技前の心理的準備
トレーニングしてきた各技法やスキルを試合前や試合中に発揮できるように準備する

⑦本番(試合等)
これまで準備やトレーニングしてきたスキルを試合で実行する

⑧競技後の反省
設定した目標の達成度や、試合結果、メンタルスキルや競技スキルの発揮度を自己評価し、その後のトレーニングにつなげる

継続することが大切

最初のコラムでも書きましたが、メンタルトレーニングも筋トレや練習と同じ。
根気強く、繰り返しやることで成長できます。頑張りましょう。

▼続きはこちら

 

<参考文献>

 教養としてのスポーツ心理学

   大修館書店,2005年,徳永幹雄 編

 スポーツメンタルトレーニング教本

   大修館書店,2002年,日本スポーツ心理学会 編