close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

スポーツ関係者は必修。ケガをしたときの応急処置「RICE」を学ぼう

もしケガをしてしまったら応急対応としてRICE処置を!

どれだけ予防したとしても、100%ケガを防ぐことはできない。もしケガをしてしまった時には、もちろん医療機関で適切な処置を受けるのが大切なのだが、病院に行くまでの間に応急手当を行い、ケガを軽度にとどめておくことが大切だ。この応急手当のことをRICE処置という。

RICE処置とはなにか?

RICE処置とは誰にでもできるケガに対する応急手当のことであり、
・Rest:安静
・Ice:冷却
・Compression:圧迫
・Elevation:挙上
の頭文字をとった表現。骨折をはじめ、ねんざ・脱臼・肉離れ・切り傷などさまざまなケガに適切であり、指導者や選手に覚えておいてほしい応急手当の方法である。

①安静(Rest)

ケガをしたら、その時点ですぐに運動を中止し、全身を楽な状態にして静かに休もう。
ケガをした患部をそれ以上悪化させないようにすることと、患部の周辺に負担をかけないようにすること、そしてその後の手当をスムーズに行うことが目的だ。

②冷却(Ice)

ケガをした患部・周辺を冷やそう。氷や氷水を使って冷やすのだが、無ければ水だけでもかまわない。
冷却は幹部周辺の血管を収縮させて出血や炎症を抑え、腫れと痛みを最小限にとどめる効果がある。

ただし、冷やしすぎにはくれぐれも注意しよう。冷やしすぎで神経麻痺になる可能性があるのでかなり危険だからだ。

アイシングの危険性に関しては下記インタビュー記事でも触れているので、正確な情報をもとに実施してほしい。

③圧迫(Compression)

内出血や腫れを最小限にするために、患部とその周辺を包帯やテーピングなどを使って圧迫する。切り傷などの場合は圧迫により止血することも可能だ。

圧迫が強すぎると、かえって血液の循環を悪くしてしまい症状を悪化させてしまうこともあるので
要注意だ。

④挙上(Elevation)

患部を高い位置に置く。心臓よりも高い位置が理想だ。下半身のケガの場合は横になり毛布などを下において患部を持ちあげることが有効。出血を防いだり腫れや炎症を抑える効果がある。

絶対にやってはいけないこと

ケガをした際、そのケガを無視してスポーツを続けることや、患部の周辺を激しく動かしたりマッサージしたりすることは絶対にやってはいけない。

ケガが悪化したり出血が続いたりと、後々大変な目に合うことにつながってしまう。特にコーチやまわりの選手はケガの発生時の初動が肝心だ。RICE処置を怠らないように心がけてほしい。

スポーツ選手は必ず適切な処置を学んでおく

万が一ケガをしてしまったら、速やかにRICE処置を行おう。

ケガの程度や状態によっては医療機関の受診が不可欠ですが、RICE処置によりその後の完治までの道のりが大きく左右することがある。トレーニングや食事法と同じぐらい、ケガの処置に関する知識は重要だ。
ケガを長引かせないためにも、RICE処置のノウハウを頭に入れスポーツを楽しんでほしい。