close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

本当は怖いスポーツ医学【最終回 スポーツドクターが考える「スポーツの意義」と「一流の条件」】

スポーツとは切っても切り離せないけがや故障の恐怖について、Jリーグの「柏レイソル」や「川崎フロンターレ」のチームドクターとして数々の現場で実績を重ねたスポーツ整形外科の医師「武田 康志」先生にお話を伺う本連載。

今回は長年トッププレーヤーをサポートしてきた武田先生が考える「スポーツの意義」や「一流の選手」について伺った。

「スポーツの意義」や「一流の条件」

ーー前回までスポーツ医学に関するさまざまなことをお伺いしてきました。最終回の今回は長年トッププレーヤーをサポートしてきた武田先生から指導者や選手に伝えたいことをお伺いしたいと思います。

最近の指導者の方々は、さまざまなセミナーにて医療知識なども幅広く勉強されておられますから、すでに取り組んでおられるチームも相当増えたこととは思いますが、「いろいろなことをバランスよく取り入れて欲しい」とお伝えしたいですね。

例えばサッカーをやるならずっとサッカー一辺倒になるのではなく、アップやクールダウンに体操の要素を取り入れたり、コーディネーショントレーニングの観点から、この曜日はみんなでバスケットボールをするように決める。

治療面でも、痛ければなんでも医者に頼るのではなく、痛くなる前に予防の観点から自主的なストレッチ、体幹トレーニングなど、いろいろな手法を組み込んで欲しいです。

固定観念に縛られず、いろいろな手法に取り組む。そういう指導者社会にしてほしいです。

そして選手たちには、「立派な人間になる努力をしなければ、スポーツで結果を残しても大成しない」ということを伝えたいです。

結局どんなにスポーツに取り組んで有名になっても、人間的に未熟な人なままならば大成することはありません。スポーツで名を馳せた人でも、様々な問題を起こして報道される人がいます。

しかし、反対に卓球の福原愛選手や、テニスの錦織圭選手、サッカーでは香川真司選手や本田圭佑選手、長友選手など、どんなに有名になってもひとつも問題を起こさない人もいる。長友選手、本田選手は不屈の精神を持っていて人間的に本当にスゴい選手ですよ。

結局大成する人はスポーツ選手としてだけではなく、人間的にも修練されている人です。いろんな下積みを経験して礼儀や社会常識を培っている。

プロ選手としての人生よりも、その後の人生の方が長いのだからセカンドキャリアも重要なんです、そこを忘れちゃいけない。周りに感謝をしながら大成したら大成したで、世界のスポーツ選手のようにさまざまな部門で寄付やボランテイア活動をすべきです。


ーーレイソルやフロンターレ時代にサポートしていた選手も人間的に立派な人が成功していきましたか?

息の長い選手は正にそうですよ。人間的に素晴らしい選手は、選手として納得いくプロ人生でなくても、所属チームや監督やコーチなどの周りがサポートしてフォローしますし、引退後もサッカーに関われる立場を与えられています。

選手としての活動のほか人間性が、次の長い人生に活きてきますからね。

サッカー選手になるのは東大に入るよりも難しいんだけれど、プロになれたら、そこでしっかり選手としてだけでなく人間修行をしなければ意味がないですよ。スポーツの意義はそれを通しての人間形成だと思います。指導者の方も選手に伝えてほしいですね。

ーー今までで武田先生の印象に残っている選手はいらっしゃいますか?

「寺田周平」選手!元フロンターレの選手です。

ーーどういった点で印象に残っていますか?

私のチームドクターとしての経験の中で、あれほどけがに悩まされながらも立派にケガとも向き合い、だれに文句もいうことなく、何度手術しても、それでも復帰して誠実にサッカーに前向きだった選手はいないですね。この選手は代表にも選ばれたんですよ。 

寺田選手から代表から呼ばれましたという電話をもらったとき僕は涙が止まりませんでしたよ。

もちろん監督や周りのサポートがあってのことなんですが、それを言わせるだけの人物だったからこその結果です。寺田選手のことを思うと、今でも涙が出ます。

寺田選手のように、プロになったからにはどんなことがあっても前向きに、けがをしても監督に使われない時期があっても、ひたむきなサッカー人が、どんどん増えて欲しいですし、これからも増えなければいけません。けがでうまくいかなくたって、サッカー選手になるという自分の夢が叶っているんだから、その姿をサポーターや周りの人、若い選手達に見せる責任があります。

ーー最後に今けがで悩んでいる選手に一言頂けますか?

けがをしている選手は、「今できること」だけを考えてほしい。他のことは考えなくていいから自分が今できることをやる。その姿は周りを動かします。

特にプロ選手は「プロになる」という夢を叶えたんだから最後まで頑張って欲しい。あなたの今いる場所は誰もが思い焦がれている場所だということを忘れないでください。

ーー武田先生本日はありがとうございました。

「立派な人間になる努力をしなければ、スポーツで結果を残しても大成しない」

10年以上、数々のトップアスリートを支え続けた武田先生の金言。現在試合で活躍中の方も、下積みを重ねている方も等しく意識してほしい。

今回インタビューを受けてくださった武田先生は、福岡県福岡市にて自身のクリニック「タケダスポーツクリニック」を運営中だ。