close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

本田圭佑のメンタルを作ったセルフモニタリング術「夢ノート」

こんにちは、スポーツメンタル指導士の河津です。

サッカー日本代表の本田圭佑選手が小学校の頃から続けている「夢ノート」をご存知でしょうか?今の彼の確固たる自信や、不屈のメンタルはそのノートから生まれているといっても過言ではありません。

今回はスポーツ心理学の観点からその効果を検証・解説していきましょう。

「夢ノート」とは?

はじめに、夢ノートの紹介をしたいと思います。夢ノートとは、スポーツ選手なら一度は監督やコーチに勧められたことがあるかもしれない、「練習ノート」と言っていいでしょう。さらに言えば「日記」的な要素も含むものと考えてよいです。

本田選手とノートの出会い

本田選手とノートの出会いは小学校三年生のときでした。

まだ幼い彼にノートを勧めたのは、大叔父に当たる本田大三郎さん。大三郎さんはカヌーの元東京五輪の日本代表選手で、本田選手にノートを勧めた当時はカヌーの全日本チームの監督をやっていたそうです。

大三郎さんは本田選手の「強くなるためにはどうしたらいいのか?」という質問に「サッカー日誌」と書き、それを続けるように教えました。
 

「夢ノート」の内容

 
記録する内容は多岐に渡り、起床・就寝時間から始まり、脈拍数、体重(1日3回計測)、食事の内容(5大栄養素をとれているか?お米を何回噛んだか?等)、便の様子、練習内容の反省などとても小学3年生に続けられるとは思えないような内容です。

しかし、始めた頃「これが10冊続いたら日本代表クラスになれるよ」と言われた本田選手は、高校を卒業するころには30冊にまで積み上げたようです。

夢ノート=セルフモニタリング

本田選手が10年以上かけて何十冊も積み重ねてきたこの「夢ノート」。この自らの状態について記録していく習慣は、スポーツ心理学の分野では「セルフモニタリング」と呼ばれており、メンタルトレーニングの土台と言ってもよいほどに重要なものです。

セルフモニタリングとは?

セルフモニタリングとは読んで字のごとくセルフ(自分)で自分の行動・思考・感情などをモニタリング(観察)することです。これがどんなに重要で効果のあるか紹介していきましょう。
 

セルフモニタリングの効果・その1「気づき」

セルフモニタリングの最も重要な効果と言えば「気づく」ことです。

例を挙げると、

  • 「試合前日に、〇〇やっているときって調子いいな~」などのコンディショニングに関すること。
  • 「試合中いい感じで体動いていたけど、頭の中は〇〇な感じだったな~」などの試合中の自己コントロールに関すること。
  • 「チームメイトの〇〇のことがあまりよくわからないけど、△△のことで一緒に話ができそうだなー」などのチームメイトとのコミュニケーションに関すること

など、自分の考え方や、行動のパターンが試合でのプレーやチーム内での人間関係にどのように関係しているのか、またそれによって自分がどんな気持ちや感情になったのか、といったことをはっきりと認識できるようになるのです。

実はこの「気づく」ということ自体がメンタルトレーニングにおいて非常に重要なことなのです。

「気づく」ということは例えるなら「病気の時にどんな病気なのか、原因がわかること」と言えます。

つまり、その後どうすればいいのか対処法を考えやすくなるのです

セルフメンタリングの効果その2「やる気(モチベーション)の維持」

 
「やる気(モチベーション)の維持」もまたセルフモニタリングの効果の一つと言えます。

特に目標設定などを行っている場合はその目標の進捗状況などをセルフモニタリングすると、「あとどれくらい練習すればよいのか」の目安になるのです。

「どこまでやればいいのかわからない」という状況はやる気をくじきますので、練習量や時間の目安が見えてくることはやる気の持続につながります。

また、試合での失敗や敗北などの悔しい出来事について記録等をしておくとその時の感情を残すことができるので、選手によってはさらなる発奮材料になり、練習へのやる気等が高まることも考えられます。

始めるときは無理のない量で

いかがでしたでしょうか。セルフモニタリングの重要性について少しでも認識していただけたなら幸いです。

「これから始めたい!」という方は、いきなり本田圭佑選手の夢ノートほどの量を書く必要があるわけではありません。起床時間や、就寝時間、食事の内容、練習内容の反省など、無理のない程度の量で始めてみてください。

▼本田圭佑選手に関する記事はこちら

参考文献

• 実現の条件 本田圭祐のルーツとは 新装版
   東邦出版,2014年,本郷陽一 著

• ポジティブマインド スポーツと健康,積極的な生き方の心理学
   新曜社,2010年,海保博之 監,中込四郎・石崎一記・外山美樹 著