close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

肉離れの症状から治療法まで、リハビリのプロが作る肉離れ対策ガイド

ケガがつきものとよく言われるスポーツ。

スポーツの現場で起きるケガには様々なものがありますが、起こりやすく、なおかつ復帰まで長い時間が必要になるものに、「肉離れ」があります。

今回は多くのスポーツ選手が悩まされる肉離れの症状や治療方法、リハビリ方法などを解説していきます。

ふくらはぎ・太ももが痛む、肉離れの症状と治療方針・目次

  • 肉離れとは?
  • 肉離れの症状
  • 肉離れの重症度と復帰までの目安
  • 肉離れになりやすい筋肉や状況
  • 肉離れの応急処置と治療方針
  • 肉離れのリハビリ方法
  • 肉離れから早期復帰するために
  • 肉離れを予防するために

肉離れとは?

肉離れとは、簡単にいうと筋肉がなんらかの形で損傷すること(傷つくこと)をいいます。

筋肉には以下の3つの部分があり、どこの部分での損傷かによってタイプ分けされます。

  • 筋実質部(いわゆる筋肉)
  • 筋腱移行部(筋肉から腱に移り変わる部分)
  • 腱(骨と筋肉を繋ぐ部分)

肉離れの症状

症状としては、以下のような例があります。

  • 試合中に受傷のきっかけはわからないが筋肉に違和感・張りを感じる
  • ダッシュや踏ん張ったときなど明らかに過度のストレスが加わり、その後痛み・張りを感じる。

より具体的にいうと、力を入れると痛いこと(収縮時痛)や、筋肉をストレッチして痛いこと(伸張痛)が主な症状です。

筋肉は動くときに伸張と収縮を繰り返すので、損傷部位、程度、また筋肉にかかる強度によって痛みの度合いが変わります。

例えば、もも裏のハムストリングという筋肉の損傷で、歩くと痛くはないが、走ると痛いなどがあります。

肉離れの重症度と復帰までの目安

肉離れは重症度によって復帰期間が分かれます。

以前は、歩行時に脚を引きずる様子(跛行・びっこう)があるか、痛みはどうかなどの理学所見(視診・ 触診など)で重症度を決めることが多かったですが、今ではMRIなどの画像所見にて損傷部位を明確にし、復帰時期の予測を立てることができるようになっているようです。

MRIにて筋実質部、筋腱移行部、腱、筋間、筋膜などどこから出血しているか判断できます。損傷度としてよく用いられる分類では、以下のように分けられます。

  • Ⅰ型:組織からの出血のみ
  • Ⅱ型:筋腱移行部の損傷
  • Ⅲ型:筋腱付着部の損傷

復帰までの目安

重症度によって数日から数週間とばらつきがあるため、医師の診断の元、無理ないスケジュールで復帰プログラムをおこなう方がよいでしょう。

ばらつきはありますが、損傷度によってある程度のリハビリ期間を予測することもできます。

Ⅰ型では1~2週でスポーツ復帰するケースが多く、またⅡ型では1~3ヵ月との見解が多いようです。Ⅲ型は手術を必要とするケースもあります。

症状とおおよその復帰期間まとめ

  • Ⅰ型:組織からの出血のみ(1〜2週間)
  • Ⅱ型:筋腱移行部の損傷(1〜3ヶ月)
  • Ⅲ型:筋腱付着部の損傷(手術の必要がある場合も)

肉離れになりやすい筋肉・状況

肉離れは筋肉の能力を超えて強い収縮が生じたり、ひどく伸張されたりすると生じます。そのため、筋肉ならばどれでも損傷は起こります。

頻度が多いものとしてはハムストリング(ももの裏)、大腿四頭筋(ももの前)、股関節内転筋(内股)、腓腹筋(ふくらはぎ)などが多く、大きい筋肉だけでなく、股関節周囲の小さな筋群である閉鎖筋、梨状筋などでも認められます。

特に頻度の高いハムストリングに関していえば、片脚にてバランスを取り上体が前傾し、ハムストリングが伸張された状態で踏ん張り、強い筋収縮が起こった場合に、筋肉は想定外に強いストレスが生じ、損傷に至ることが考えられます。

このように筋肉が伸ばされながら収縮することを伸張性収縮といいますが、これは筋肉に非常に負担のかかる収縮様式です。

肉離れの応急処置と治療方針

肉離れが疑わしい場合、まずは病院に行くべきです。

しっかり診断してもらい、どの部位の損傷か、出血だけなのか診断をしてもらいましょう。これは後にリハビリをする上で重要な情報です。

例えば筋膜からの出血だけであれば、出血が止まれば柔軟性向上のために温熱療法、ストレッチをおこないます。

それに対して、筋腱移行部の損傷であれば、損傷部位がRICE処置をおこないます。アイシングし出血を最小限にしましょう。特に包帯などで圧迫すると筋肉への負担を減らすことがでます。

痛みが出るような動作はできるだけ控え、損傷程度が悪化しないように注意することが重要です。症状が重い場合は、松葉杖をついて荷重を避けることもあります。

肉離れのリハビリ方法

まずは柔軟性を向上が求められます。ストレッチを取り入れますが、痛みがないことが大前提、痛みを我慢しながらのストレッチは損傷部位を悪化させる危険性があります。

肉離れ発症間もない時期では、伸張痛(伸ばされての痛み)があるので、痛みが軽快してから徐々にストレッチをおこないましょう。

痛みがなくなった後は、筋肉への負荷を段階的に上げていくことが重要です。各種運動では、筋肉の収縮が生じます。その痛みに応じた運動負荷を増やしていきます。程度を超えるような負荷をかけると症状が再燃することもあります。慎重におこないます。

また動作の中では、患部を使わないように代償しようとする(かばってしまう)こともあります。十分に使っているか確認しながら負荷をかけていきます。

かばいながらのトレーニングは他の部位の肉離れに繋がりかねません。

基本的には患部である筋肉が、伸張痛、圧痛、収縮時痛がないことがポイントです。しっかり見極めながら運動を進めていきましょう。

肉離れから早期復帰のために注意すべきこと

復帰を焦るあまり、患部の状態が十分回復する前に、競技に復帰し、再受傷してしまうケースも多々あります。そうならないように患部の状態を観察しながら十分なトレーニングを行うことが必要です。

また運動前のウォーミングアップも十分におこなうことが必要になります。

競技の練習には復帰したが、練習終盤では筋肉の張りを感じるというケースも多く見かけられるため、筋肉の伸ばしたときの痛み、推し触ったときの痛み、縮めたときの痛みの様子を観察しつつ、運動時間(プレー時間)も徐々に長くしていった方がよいと思います。

張り・疲労感を感じたまま、プレーすることで、再受傷、他部位の損傷を起こしかねません。

運動強度、収縮様式、運動時間など各要素を徐々に増加させていきましょう。

肉離れを予防するために

肉離れを予防するためには、筋肉のコンディションを良い状態にしておくことが大切です。

疲労が蓄積した状態でも肉離れを起こしやすいため、しっかり疲労の蓄積を防ぐことが最優先です。

また筋肉自体の能力向上も必要です。筋肉の柔軟性や関節の可動域を高め、可動域全域にて筋肉の伸張性、収縮時痛をなくしておくことが重要です。

肉離れの症状と治療方針まとめ

  • まずは肉離れが疑わしい場合は病院に行く
  • 重症度から復帰までの行動を考える
  • 痛みがなくなってからリハビリを取り入れる

▼ケガ関連の記事