close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

ミスのイメージを振り払え。悪いイメージへの対策法

こんにちは、スポーツメンタルトレーニング指導士の河津です。

今回は、一度起きてしまったミスや、試合で負ける場面などの悪いイメージを振り払うための対策についてお話ししたいと思います。

ミスや悪いイメージを振り払うには?

Q. 試合前に失敗するイメージや負けるイメージばかりが先行してしまって、実際にプレーでも縮こまってミスしてしまいます。このイメージをなくす方法や、いいイメージに変える方法はあるのでしょうか?

まずは別のことを考えるようにしてみましょう

一度出てきてしまった悪いイメージはなくすことは難しいです。

そうなってしまった場合は何か他のことを考えるようにする、という方法が一番簡単に実践できると思います。

実際にイチロー選手も2009年のWBCの決勝打を打った時に同じようなことをやっていたみたいですね。

いいイメージに変える方法としては、ポジティブシンキングを普段から取り入れることが実践しやすいことだと思います。

やり方・ポイント等は以下の記事をご覧ください。

自信を持つためにセルフトークも有効

悪いイメージが出てきてしまう時というのは、試合や練習に対する漠然とした不安や、自信がない時が多いと思います。

また、体調が悪いなどの身体的な要因も影響することがありますので。まずは、試合前の体調管理や、競技に対する自信の向上に励むと予防になると思います。

もし悪いイメージが出てきてしまった場合は、それを消そう消そうとするとより一層そのイメージを意識してしまうことになるので、やはり「別のことに意識を向ける」ということが最善の方法だと思います。

人間は一度にいくつもの情報は処理することが難しいからです。

普段から自信を向上するためにセルフトークなどを取り入れて、普段から練習に入る時や試合に入る時にポジティブな状態で入れるようにトレーニングしておくと、いざという時もポジティブに考えることができるようになってきます。

態度や思考がポジティブになれば、出てくるイメージもポジティブなものになるはずです。

※紹介した方法は人によって向き不向きがあります。また日ごろから訓練しておくことが望ましいものです。何か問題があれば遠慮なくお尋ねください。

▼メンタル関連の他の記事はこちら

専門家への質問はこちらから