close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

練習の質を高めるために、監督がすべきこと

こんにちは、スポーツメンタルトレーニング上級指導士の石井です。

昨今、日本のスポーツ界のレベルが上がっており、試合で結果を出すためには、日々の練習の質と量、両方を高めることが欠かせなくなっています

量を増やすのは簡単ですが、1日の時間には限界もありますし、あまりに長い練習は監督も選手も疲弊してしまいます。また、質が低く効果が0の練習をいくら積み重ねても結果は0のままです。

そこでまずは何よりも練習の質を高めることが急務なのですが、監督やコーチの方々は「質のよい練習とは?」と聞かれたときにすぐに答えることができるでしょうか?

おそらく多くの人が迷うことだと思います。

そこで今回は「質の高い練習をおこなうために監督のすべきこと」を私の考えから述べていきたいと思います。指導する立場にある方々は参考にされてください。

試合と練習の違いから考える

言うまでもないですが、練習とは試合で結果を出すためのものですので、試合の場面を想定したものです。

連日公式試合のように、観衆の目のなかで勝たなきゃいけないというプレッシャーのかかる試合を積み重ねることができるなら、これ以上の練習環境はないでしょう。

しかし、仮に連日のプレッシャーのかかる環境におけたとしても、そのプレッシャーが一定であれば、それに慣れてしまいます

結果、ただの作業になってしまい、ゲームプランを立てたり、試合中の役割分担をしたり、気持ちを切り替える方法を準備したりするなど、選手たち自身が考えるべきことを怠るようになっていってしまう可能性があります

つまり質の高い練習とは、ただ試合の場面を想定したり状況を近づけるよりも、毎日常に適切で新鮮なプレッシャーやストレスを与えることができるかにかかっているということです。

適切なプレッシャーとは?

では適切なプレッシャーやストレスとはどういったものでしょうか?

プレッシャーと聞くと、ミスをしないように厳しくするといったことを想像しがちですが、これは選手ものびのびプレーができませんし、何よりミスをしないことは試合で結果を出すために大切なことのひとつにしか過ぎません。

適切なプレッシャーやストレスとは、最終的な目標を達成するために必要なことを細かくステップにし、今できることから少しずつクリアさせていくことです。

つまり大きな目標を細分化することで、毎日の目標を決め、それをクリアできるかという現実的で常に新鮮な目標が適切なプレッシャーを与えることにつながり、それが練習の質へを高めていくということです。

選手の自信にも繋がる

このように毎日適切な目標を設定できれば、選手は常に新しい刺激を与えられるため、練習に慣れてしまうこともありませんし、毎日少しずつ目標を達成することで自信も生まれます

多くの人が実感しているように、スポーツのパフォーマンスには自信が不可欠ですので、技術だけでなく自信も高めることができるのは質の高い練習と言えますよね。

毎日の目標設定で質の高い練習を

この目標設定により適切なプレッシャーをかける方法は、当たり前ですが毎日の目標が何よりも大切です

まずは最終目標から逆算し細かくステップにすること、次に選手に何をさせると、楽しく自分の壁を越えさせる事が出来るかをひとりひとりにあわせて考えていくことから始めてください。

この部分が指導者の仕事であり、閃きや観察力が欠かせません。

ぜひ今回の記事を参考に、質の高い練習を実現させていってください。

また当サイトでは選手だけでなく、指導者からの質問も受け付けております。

指導について疑問や悩みがある場合、こちらからご質問ください。