close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【指が曲げ伸ばしできない】「ばね指」の症状・原因・治療法を知る

こんにちは、鍼灸師・理学療法士として活動しています古門です。

今回は手指を酷使するスポーツ選手に発症することのある「ばね指」について、その症状や原因、セルフケアの方法などを紹介していきます。

予防のためのストレッチなども紹介しますので、ぜひ参考にされてください。

ばね指(屈筋腱腱鞘炎、狭窄性腱鞘炎)とは

手の指を曲げ伸ばしするときに、一時的に指が引っかかった後、ばねのように弾けるような感じがして引っかかりが解消され、指の曲げ伸ばしが可能となる現象を「ばね指」と呼びます。

ばね指の症状は上記した引っかかりの他に、痛みやシコリ、腫れ、長引く場合は指がある範囲から曲がらなくなることなどがあります。

指の構造

どうしてばね指になってしまうのか、まずは指の構造を見てみましょう。

指は下の図のように、

  • 中手骨
  • 基節骨
  • 中節骨
  • 末節骨

の4つの骨から構成されています。(親指には中節骨は存在しません。)

ばね指の原因となる屈筋腱は手の平側に浅・深指屈筋腱の2種類があります。(親指は長母指屈筋腱がばね指の原因になると言われています。)

浅指屈筋腱は中節骨、深指屈筋腱は末節骨にそれぞれ付着しています。

浅・深指屈筋が収縮することで、これらの腱が指の骨を引っ張り、指が曲がります。

もし手の平側に指の骨と浅・深指屈筋腱しかない場合、筋肉が収縮して腱が骨を引っ張ると、手のひら側に指の骨から腱が浮き上がってしまい、力が効率的に伝わらず、指を曲げることはできません。

そのため指の各部位に滑車(プーリー)があり、力が効率的に指へ伝わる構造となっています。

この滑車は腱鞘(けんしょう)と呼ばれ靭帯性(外側)・滑膜性(内側)の2種類から構成されています。

滑膜性腱鞘内部は「滑液」という液体に満たされており、腱の表層を栄養したり、腱の滑りをよくする働きも担っています。

腱鞘は部位によってA1〜5、C1〜3と呼ばれます。*5

ばね指の原因

ばね指の原因は、手の指の過度の使用により、腱鞘や腱自体に炎症が生じ、その後腱鞘や腱自体が厚くなることにより、指を曲げる筋肉の腱の通過障害が生じるためであると考えられています。

生涯発生率は約3%で、一般的に女性、特に更年期や周産期の女性に多いと言われますが、若年者やスポーツ選手など手指を酷使する方にも発生することがあります。

発症部位はA1プーリー(いわゆる指の第二関節部分)が最も多いです。

発症する指は親指が多く、次いで中・薬指が続き、人差し指・小指は少ない傾向にあります。

ばね指の治療法

基本的な治療法は手術をしない「保存療法」と、「手術療法」に大きく分かれます。

保存療法は安静を第一に考え、副子(そえこ・関節を固定するもの)などを用いながらおこなわれます。また消炎鎮痛剤の薬を飲むこともあります。

一定期間安静にしても効果が見られない場合は、ステロイドの腱鞘内注射がおこなわれます。

しかし頻回のステロイド注射は腱の脆くなることに影響し、皮下断裂を起こした症例が報告されているため、数回のステロイド注射をおこない症状が改善されない場合、手術療法に移行することが多いようです。

手術療法では腱鞘を切開し腱が通るスペースを拡大する方法が用いられます。

術後はすぐに指を動かすことが可能となり、リハビリ後数週間で完治することが多いですが、難治性の場合は完治までに最大6ヶ月が必要となるとの報告もあります。

このような難治性の症例に対しては手術前に指のストレッチやセルフマッサージ、軽い負荷の筋力トレーニングが効果的であるとの報告もあります。

これらは医師の判断によって多少処置方法が異なってくると思われますので参考程度にして頂けますと幸いです。

ばね指の予防法+セルフケア

ここからは私の考えを述べさせて頂きます。

ばね指の予防法やセルフケアで重要な考え方は適度な安静と運動、そしてスポーツ動作を見直すことです。

ばね指の原因はこれまで述べてきました通り、手指の過度の使用による炎症、それにともなって、腱鞘や腱自体が厚くなってしまうことです。

まず炎症が強い時期(急性期)はやはり安静が第一です。過度の炎症を抑えるために、氷などで冷やす「アイシング」も効果的であると思われます。

しかし過度に安静を保つと患部の血流や滑液の循環が悪くなり、腱鞘や腱自体が厚くなるなどの組織変性がみられたり、痛みや腫れが残るといった「ばね指」を発症してしまうと考えております。

患部に触れた際「熱を持っている、指を動かさなくてもズキズキ痛む」などといった炎症の特徴が失くなれば、適度に指を動かしてセルフケアをすべき時期だと考えております。

ばね指に効果的なセルフケア

効果的なセルフケアをいくつかご紹介させて頂きます。

ストレッチ



指1本を引っ張って伸ばすストレッチ



指4本を引っ張って伸ばすストレッチ



手のひらの方向に手首を曲げて伸ばすストレッチ

マッサージ



赤い丸部分のマッサージ



赤い丸部分のマッサージ


運動(抵抗運動)



指で挟む運動



指を開く運動

また指を伸ばす筋肉が過度に使用されたことによって、それらの筋肉が硬くなってしまうと、指を曲げるとき、通常よりも大きな抵抗がかかることになります。

したがって指を伸ばす筋肉の状態が間接的に「ばね指」を発症させることもあるので、そちらに対してのセルフケアも上記ではご紹介しております。

ばね指を再発させないために

最後に「ばね指」の症状がこれらのセルフケアや医療機関の受診によって解消されたとします。これは本当の意味での完治と言えるでしょうか?

私はそうではないと考えています。

「ばね指」が生じてしまった原因を考え、今後再発しないように努めることが特にスポーツ選手にとって重要なことではないかと考えています。

例えば「ボールを投げる」といった動作が競技の中に含まれている選手が「ばね指」を発症した場合、上記に挙げたようなセルフケアをしておらず疲労の蓄積が原因で生じることもあると思いますし、ボールの投げ方が悪い(身体の中でうまく使えていない部分があり、結果的に手指の仕事量が増えてしまった)ために生じてしまう「ばね指」もあると思っております。

ご自身の身体の動きを把握することは専門家の目が必要なことも多々あると思います。

症状に関しても長く放置すると指が伸びないなど後遺症が残ってしまうこともありますので、信頼できる専門家や医療機関へご相談することも選択肢のひとつとして頭に入れておいて頂けますと幸いです。

参考文献

茨木邦夫・斎藤英彦・吉津孝衛(2004)『手の外科診療ハンドブック』p212-213南江堂.

藤岡宏幸ほか:アスリートの手指の外傷と障害—診断から競技復帰までのアプローチ.臨床スポーツ医学:vol29.no6:627-630.2012-6

西森美佐子ほか:関節超音波像からみた屈筋腱腱鞘炎(ばね指)の病態的特徴.超音波検査技術:vol38.no1:13-20.2013

井上基浩ほか:成人弾発指に対する鍼治療の効果—Visual analogue scaleによる検討−.日温気物医誌:第76巻4号:263272.2013

上羽康夫『手 その機能と解剖』p197-203.金芳堂.
Michael Schunke,M.D.,ph.D.,ほか『プロメテウス解剖学アトラス解剖学総論/運動器系p250.292.293.301.307