close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

大豆を使った「ソイプロテイン」は男性ホルモンに影響するのか?

※今回の記事はこの質問を元に作成しています。

こんにちは、パーソナルトレーナー兼、管理栄養士として活動している吉村です。

今回は、いろいろな情報の多い大豆を使った「ソイプロテイン」と男性ホルモン(テストステロン)の関係についてお話したいと思います。

プロテイン選びで迷っている方はぜひ参考にされてください。

ソイプロテインでは男性ホルモンが低下し、筋肉がつきにくくなる?

大豆が原材料の「ソイプロテイン」についてはネット上でも色々な記事が書かれていますね。

ソイプロテインが男性ホルモン(テストステロン)に影響を与えると考えられている理由は、大豆に含まれている「イソフラボン」の構造が女性ホルモンに似ているためと考えられています。

このソイプロテインのによる男性ホルモンの低下についても、研究結果は様々なようですが、アメリカ不妊治療専門領域の学会誌に掲載されたものでは、50以上の治療群のメタアナリシス(複数の研究結果を統合した分析)の結果、大豆製品も、イソフラボンのサプリメントのいずれも男性のテストステロンレベル(男性ホルモンの量)に影響を及ぼさないことが示されています。

つまり「ソイプロテインを摂ることで男性ホルモンが低下し、筋肉がつきにくくなる」という心配はないかと考えられます。

でも、ソイプロテインはトレーニング後には不向き

しかし、ソイプロテイン自体が他の一般的なプロテインである「ホエイプロテイン」や「カゼインプロテイン」に比べて吸収速度が遅いので、トレーニング直後に飲むことで筋肉をつけたい場合はあまり向かないかと思います。

それぞれのプロテインの特徴や飲み方については以下の記事で詳しく執筆していますので、参考にされてください。

▼その他、栄養関連の記事