close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

佐々木クリスと学ぶ『バスケ観戦術UP講座』Lesson4

※この記事はバスケットボール総合情報サイト『バスケット・カウント』からの提供で掲載しております。

こんにちは、佐々木クリスです。ここではバスケをもっと楽しむための「観戦術」を一緒に学んでいきたいと思います。難しい戦術論をするつもりはありません。日本人なら大多数の人が、体育の授業でバスケをプレーした経験があるはずです。つまり、基本的なルールは誰でも知っているということ。ただ、その基本ルールに「観戦の知識」を少しだけ加えることで、バスケ観戦はずっと楽しくなるはずです。バスケをもっと楽しむための「観戦術」を、是非ここで覚えていってください。

佐々木クリスと学ぶ『バスケ観戦術UP講座』
vol.1 バスケはポゼッションゲームだ/ライブ・ターンオーバーに注目
vol.2 軽視できないフリースロー/ボックススコアはこう見る!
vol.3 クォーターの入り方に注目しよう/試合のテンポも駆け引きだ
vol.4 ディフェンスは見どころの宝庫/シュートを打たせない技術
vol.5 3ポイントシュートはどう防ぐ?/基本の連携プレー、スクリーン
vol.6 各ポジションの役割と見どころを解説

ディフェンスは見どころの宝庫

次はディフェンスの見方についてお話します。オフェンスは単純に見ていても「すごい!」とか「かっこいい!」になるのですが、ディフェンスはちょっと見どころをつかむのが難しいですね。でも、プロのレベルになるとやはりディフェンスが重要です。ディフェンスが機能しているのかどうか、それが分かれば観戦はもっと楽しくなります。

まずは簡単な見分け方。コミュニケーションをたくさん取っているチームのディフェンスは優れています。例えば、ある選手がボールに付いている時、抜かれてもカバーできるポジションにいる味方が「ヘルプ、ヘルプ」と自分がカバーできることを教えてあげている。

それだけで、ボールに付いている選手は自信を持って仕掛けられますよね。逆にボールを持っているオフェンス側は精神的なプレッシャーを受けることになります。目の前にいる一人を抜くことはできても、その次の選手がカバーの準備を整えているとなれば、なかなか決める自信を持ってアタックには行けません。だから、まずはチーム内でコミュニケーションがどれだけ取れているかを見ることです。

次に、足が動いているかどうか。これは当然ですが、足が止まっているようでは守れません。もう少し深く見るのであればディフレクション。これはスティールにならなかったとしても、手に引っ掛けてアウト・オブ・バウンズになった、というような形のことです。

ボールを外に出したところで相手のオフェンスが続くのですが、そこで2~3秒の時間を稼ぐことでシュートクロックもなくなります。たった2~3秒でも、それが時には大きなアドバンテージになります。「シュートクロックは6人目のディフェンダー」と言うぐらいですから。

残り時間が少なくなれば、相手は慌てて打たざるを得ないので、シュートの精度は落ちます。また、守備側は自分のマークを捨ててシューターに2人でプレッシャーを掛けにいくこともできます。そうなると相手のターンオーバーを誘発できる可能性はぐっと高まります。相手がやりたいことを簡単にはやらせない、というディフェンスができているかどうかは、手がボールに引っかかっている回数で見当が付きます。

続きはこちらから