close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【なぜビビる?】対戦相手に気持ちで負けないための考え方

こんにちは、認定スポーツメンタルトレーニング指導士として活動しています永田直也です。

読者の皆さんは試合を前にしたとき、どんな考え方をしますか?「楽しみ」と思える方もいれば、「負けたらどうしよう」と思う方もいると思います。

今回は、対戦相手に対して気持ちが引けてしまうときに思い出してほしい考え方を紹介していきます。

対戦相手にビビってしまうのはなぜ?

実績のある選手やチームを試合するときに気持ちが引けるというか、ビビってしまいます。なぜこのように気持ちが引けてしまうのでしょうか?解決する方法はありますか?

試合の結果に期待や不安を持っていることがひとつの原因です

実績がある選手やチームということは、過去の試合成績が良いということですね。

もしかしたら、自分たちよりも成績が良い、または競技力が高い・・・いわゆる「強い」と思われる相手なのかもしれません。

そのような相手と試合をする際に、試合をしたくない、戦うのが怖いなど、気持ちが引けてしまうことは良くあることだと思います。

では、なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

それは、試合の結果に期待や不安を持っていることがひとつの要因として考えられます。

この試合で勝ちたい、いい成績を収めたいと考えることは、スポーツをする中では当たり前のことです。

勝つ気持ちがなければ、試合では勝つことが難しいでしょう。

大きな大会で良い成績を収めた選手が、インタビューで「勝ちたいという気持ちが勝っていた」と答えている様子をよく見かけます。

しかし、試合の結果のみに意識を向けていると相手の強さの予想と自分の実力との関係だけで試合を捉えてしまい、「負けてしまうかもしれない」、「格好悪い結果になってしまうかもしれない」と考えてしまいがちです。

そのような気持ちを持った場合、試合に気持ちが引ける、ビビるという状態になってしまうのです。

ビビってしまうときの解決策

それでは、このような試合における結果を気にしすぎることが原因で気が引けてしまう場合、どのようにすれば解決できるでしょうか。

先ほどもお話しましたが

  • 勝ちたい
  • いい結果を残したい

と考えることは重要です。

この気持ちに加え、「勝ちたい・・・じゃあ勝つためにどんなプレーをしたらいいか?」「どういう状態で臨んだほうがいいか?」という勝つための過程を考え、それに気持ちを向けるようにしてみてください。

「自分は何をすればいいのか」という考え方です。

コントロールできるものに目を向ける

試合の結果や対戦相手の実力は、自分ではどうしようもできない、つまり「コントロールできない」要素です。

思い通りにできないことは、「どうなってしまうのだろう」などの不安を引き起こしやすいものです。しかし、自分の行動は、自分の思い通りにできることが多く、「○○をすればいいんだ!」などのやるべきことに気持ちを向けることができます。

この考えが、試合に対する余計な不安を取り除いてくれます。

また、試合に対する認識にポジティブな面を加えることも重要です。

試合には、気が引ける、ビビッてしまうような結果が待ち受けている可能性があります。しかし、一方では、試合には気持ちが高揚し、これまでの練習に報いるような感動が待っていることも確かです

試合に対し気持ちの引け・ビビることは嫌なことではありますが、いい結果を得たいという普通の考えだと思い受け入れ、「それならばどうすればいいか」ということを考えていただきたいと思います。

▼メンタル関連の記事はこちら