close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

差し入れの定番「レモンの蜂蜜漬け」にプラス1品で進化させる

こんにちは、パーソナルトレーナー兼、管理栄養士として活動している吉村です。

スポーツの現場で保護者やマネージャーからよく差し入れで頂くものの定番と言えば、「レモンの蜂蜜漬け」。

皆さんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか。

ではどうしてレモンの蜂蜜漬けはスポーツ選手への差し入れの定番になっているのでしょうか?今回は「レモンの蜂蜜漬け」の栄養価やさらに栄養価をよくするために追加するものを紹介したいと思います。

レモンの蜂蜜漬けの栄養価や作り方

「レモンの蜂蜜漬け」の作り方はレモンを輪切りにして蜂蜜に漬けるだけという非常に簡単なものです。

レモンには、果糖を中心とした糖質やビタミンC、クエン酸など疲労回復に効果がある栄養素が豊富に含まれています。

蜂蜜も同様に果糖を中心とした糖質やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。

これらがひとつになった「レモンの蜂蜜漬け」は果糖が多く含まれているため、急な血糖値の上昇が起こらず、疲労回復に役立つ栄養素が豊富に入っています

練習前~練習後までどんなタイミングに食べてもよい食品です

スポーツ選手にとって、急な血糖値の上昇は神経系の働きをリラックスの方向に傾け過ぎてしまうので、パフォーマンスの低下に繋がってしまいます。

それを起こさない食べ物という意味でも、スポーツ選手にとって良い食べ物だと思います。

レモンの蜂蜜漬けを進化させる食べ物

レモンの蜂蜜漬けの効果をより発揮させるためには、たんぱく質を追加すると良いです

もちろん、肉や魚などを一緒に漬けると食べるのに抵抗があるかと思いますので、オススメはレモンの蜂蜜漬けと一緒に落花生(ピーナッツ)を加えると良いでしょう。

基本的にアーモンドやカシューナッツなどのナッツ類は脂質が多いですが、たんぱく質もそれなりに含まれています。

落花生(厳密に言えばマメ科ですが)はナッツ類の中では脂質の含有量が少なく、たんぱく質の含有量が多いので、ほかのナッツ類を入れるよりは落花生を入れた方が栄養価的には良くなります。

栄養バランスの整った差し入れを持っていきたいという方は「レモンの蜂蜜漬け+落花生」を参考にしてみてください。

▼栄養関連の記事