close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

人工知能によるコーチングを受けられるトレーニングデバイス「KeenBrace」

トレーニングをするときは、となりに指導してくれるトレーナーがいた方がいい。

そうわかってはいるものの、費用の問題や時間の問題でトップアスリートのように常に個人にトレーナーがついているような状況はなかなか作れない。

細かいフォームの修正やひとりひとりにあったトレーニングプラン、そして毎回のトレーニングでのこれらの調整などは、トレーナーがいてこそできることだ。

今回は、そんな問題を解決してくれるかもしれないトレーニングやランニング用のデバイス「KeenBrace」を紹介しよう。

人工知能によるコーチングを受けられる「KeenBrace」

KeenBraceはランニングやウエイトトレーニングなどの選手の自主トレを助けてくれるウェアラブルデバイス。

自主トレの内容によって、腕や太ももに装着することで、身体を動かしたときに皮膚の表面を流れる電流や、モーションセンサーなどから選手の身体の動きを確認し、ランニングのときには「柔らかく着地しよう」、ウエイトトレーニングのときには「身体を大きく振らないように」など、フォームの修正すべきポイントをリアルタイムで教えてくれる。

これにより、ケガを減らすことができたり、自主トレの効果をより高めることができるのだ。

そのほか、選手のトレーニングのデータを記録することにより、いつ・どのタイミングで重量を上げるべきかトレーニングプランを変更すべきかなどのアドバイスも可能になる。

まさに毎回のトレーニングにトレーナーがついていてくれるような感覚で取り組むことができるのだ

まだ、無数にあるトレーニング種目すべてに対応していない点や、選手自身がある程度トレーニングへの理解がないと使いこなせない点など、問題点はあるものの、今後の発展が期待できるデバイス。

気になる方は以下の公式ウェブサイトをチェックしてみよう。

公式ウェブサイト

KeenBrace – The Smart Injury Prevention Fitness Tracker