close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

そのトレーニングどんな効果があるの?専門家に聞いてみた【タイヤ引き・手押し車・指立て伏せ】

漫画に登場するトレーニングの効果を解説し、好評を得たこちらの記事。

それに続き、今回はタイヤ引きや手押し車、指立て伏せなど、一般的な部活動でも取り入れるトレーニングについて、フィジカルトレーナーとして活動している片井氏の目からどんな効果があるのか解説頂いた。

タイヤ引き


↑出典:高校野球ドットコム

野球のほか、陸上やボクシング、ラグビーなど幅広いスポーツで取り入れられるタイヤ引き。

これには一体どんな効果があるのだろうか?片井氏の見解は、

片井 タイヤ引きはダッシュ力の強化をするために非常に有効なトレーニングだと考えます。

走る動作ではスタートダッシュをするときに一番力を出すことになります。これは読者の方も、同じ重さでも動いているものを動かすより、止まったものを動かすときに力が必要なことは経験からわかるのではないでしょうか?

この一番力が必要な状態のときに、さらにタイヤを引くことで足に負荷をかけることが可能になるため、スタートダッシュ、特に20m〜30mの短距離を走る、野球の走塁やラグビーのランなどのための加速の強化に有効になるでしょう。

さらに言えば、自分より重心の低い位置にあるタイヤを引っ張るために自然と重心を下げる必要もあるので、加速の姿勢や身体の使い方などを身につけるためにも有効なトレーニング方法だと言えます。

手押し車


↑出典:SAVAS

次は、2人1組みになって片方が腕立ての姿勢になり、片方が足を持ち上げた姿勢で進む「手押し車」。

腕力の強化に繋がりそうなこのトレーニングについて、片井氏の見解は、

片井 多くの人が一度はおこなったことのある手押し車ですが、実はこれはあまりトレーニングとしての効果は期待できないと考えます。

手押し車も、胴体を安定させた状態で前に進むので、多少なりとも体幹を安定させるトレーニングにはなるのですが、腕を動かす範囲も小さく、筋力の強化もあまり期待はできません。

トレーニングとして考えると、「やった気になる」もののひとつではないでしょうか。

取り入れる前に、「なぜこれを取り入れるのか」を考えると、さらに有効な方法が見つかると思います。

指立て伏せ

手のひらではなく、指で身体を支え腕立て伏せの動作をする「指立て伏せ」。

これこそ、あまりトレーニングとしての効果はないように感じるものだが、「指立て伏せ」についての片井氏の見解は、

片井 指立て伏せですが、これは手や指にある細かい筋肉の強化に有効なトレーニングだと考えます。

実際にバレーボール選手を指導するときにも、ブロックのときの突き指防止のために取り入れることもあります。

メインで取り入れることはないですが、補強として取り入れる種目といった位置づけですね。また多少ですが、握力の強化にも繋がると考えます。

ですが、指立て伏せの動きで、手や指の筋肉には筋肉の長さが変わらないまま力を出すという「アイソメトリック」の動きの刺激しか入りません。

例えば腕立て伏せであれば、胸や腕は肩や肘の関節が動きながら筋肉の長さも変化しながら力を出しています。

それに対して指立て伏せでは、手や指の筋肉は身体を支えるために常に固定された状態になっていますよね?

こういった「アイソメトリック」の刺激の問題点には、トレーニングを始めた初期の効果は高いものの、頭打ちになるのが早いというものがあります。

この点を知ったうえで、トレーニングとして継続して取り入れるべきかを考えてみるといいでしょう。

トレーニングの意味を知るとやる気も出てくる

どんなにキツいトレーニングでも、それにしっかりとした効果があると知ればやる気も出るもの。

「このキツいトレーニングにはどんな意味があるのだろう?」と疑問に思ったらMUSTERの専門家に相談してみよう!

質問したい人はこちらから

質問したい人は こちらから

▼トレーニング関連の記事