close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

パンチのパワー・スピードを計測するバンテージ「PIQ」

パンチこそが唯一の攻め手であるボクシングにとって、パンチのスピードやパワー、回数のデータは何よりも重要なもの。

技術の進化で、最新の端末が小型化し、どこにでも取り入れられるようになった今、ボクシングで手首を固定するバンテージにもその変化の波が訪れている。

パンチのパワー・スピードを計測し、そのデータを選手の練習に活用する「PIQ」を紹介しよう。

パンチのパワー・スピードを計測するバンテージ「PIQ」

「PIQ」はボクシングに必須である手首を固定するバンテージの上から装着できるボクシング用のウェアラブル端末。

内臓されたセンサーが腕の動きからストレート、フック、アッパーなどのパンチの種類や回数、パンチのスピードやパワー、そしてガードのために腕を上げていた時間などを計測することができる。

現在の自分がどれだけのパワーやスピードがあるか、無意識のうちにどんなパンチが多くなっているのか、しっかりとガードを上げることができているのかなどの情報を数字で確認することができるため、前回の自分の練習よりも成長しているかがすぐに確認でき、練習の質を高めることが可能。

また、開発されたアメリカでは公式の試合に「PIQ」を導入することが検討されており、選手や視聴者に試合で有効打になったパンチのデータを提供することも考えられている。

今まで不明瞭だった勝利の原因も分析することができるようになるアイテムだ。

2017年に発売され注目を集めている「PIQ」の価格はひとつ$99。現在アメリカだけでの販売になっているが、今後の日本での導入なども楽しみなアイテムのひとつである。

公式ウェブサイト

Everlast and PIQ | PIQ