close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【自信が無くて声が出せない】「声出し」が苦手な選手のための3ステップ

※今回の記事はこの質問を元に作成しています。

自信がなくて声が出せない

01_サッカーチーム

今中学3年でサッカーしています。

今は引退してまた高校でサッカーをするために毎日自主的に練習に取り組んでいます。これは引退する前の事なのですが、サッカーの試合中や練習中、自信がないせいなのか声が出せません。

声を出す時に「自分より下手な人に言われたら嫌だろうな」「下手なクセに喋るな」とかそういう事ばかり考えてしまって結局声が出せません。性格はこの事から引っ込み思案だと思います。なぜか、自分でもこんな事を考えてしまうかわかりません。いったいどうしたらいいでしょうか。

自分を変えていくための3つのステップ

02_ゴールを決め喜ぶサッカー選手

なるほど、僕自身も経験のあることでとてもよくわかります。

しかし、こういったお話は個人的な要因が関係することもあるので、本来は直接お話を聴かせていただいて対処法を相談していくことが望ましいことをあらかじめご了承ください。

また、今回の悩みはチーム内のコミュニケーションの問題でもある場合がありますので、チーム全体への指導などもできるとよりよくなると私は思います。今回はそれができませんので、あくまで質問者様ひとりでできることを考えていきたいと思います。

それでは、自分が対応するならばどうしていくか?という視点で質問にお答えしていこうと思います。

①現状を把握する

実際の面談などでも、まずは置かれている現状、特に心理的な状況を詳細に把握するためにいろいろと質問することがあります。

お聴きしたいポイントは、
1「声を出すというのはどういった事か?」
2「なぜ声を出した方が良いと思うのか?」
3「下手なくせにしゃべるなと思ってしまうのはなぜなのか?」
です。

03_カウンセリング

直接面談していくと、聴きたいなと思うことはどんどん出てきますが、質問文の内容からまずはこれらの質問をすると思います。

ひとつ目の質問ですが、これはどんな「声出し」か、を知っておきたいということです。

例えば、単純に練習を盛り上げるための、チーム全体に「気合入れていこー」とか「ナイスプレー」とかもあれば、特定のメンバーに対して「こうしたらいいんじゃない?」などのアドバイス的な感じになることもありますよね。

「声出し」という単語から察するに、チーム全体を盛り上げるためのもののように思いますが、実際はどうなのでしょうか?それによっても少し対処の仕方が変わってきます。

04_カウンセリングを受ける女性

ふたつ目の質問は、声を出さなければいけないと思う理由はなんなのか?ということです。「チームのルールとして決まっている」のでしょうか?

その場合、それ以上はないのですが、ルールとして決まっていないのであれば自分の中でそうしたほうが良いと思っているからですよね?その場合はなぜそう思うのか?ということをよく考えると良いかもしれません。

誰かに認めてほしいからなのか?チームが盛り上がるためなのか?自分の本音に耳を傾けてよく考えてみてください。

05_ステップの練習を行うサッカー選手

3つ目の質問は、そういった言葉が頭の中に勝手に出てきてしまう理由を考えるということです。質問文の中で、なぜかはわからないということをおっしゃっていますが、実際面談するならば、そういったところを改めて一緒に考えてみることをしたりします。

どうしても難しい場合や、嫌な気分になるというのであれば無理強いすることはありませんが、問題なければもう少しじっくり考えてみてもいいかもしれません。

②そういった現状、自分の心理的な状況を受け入れる

自分でもどうしようもなく思ってしまうことというのはいわゆる自分の本音になります。①でした質問は、自分の本音を引き出すということでもあります。

もし「こうなりたい」「現状を克服したい、しなきゃいけない」と思っているのであればおそらくそれは、理性が下した合理的な「判断」です。

一方、どうしてもこう思っちゃうな~ということは、質問者様自身の本能的なもの、今感じているそのままの「感情、気持ち」です。つまりは本音ということになります。

06_ボールを持って集中するサッカー選手

「声が出せるようになったほうがいい」と思うことは悪いことではありません。しかし、「どうしてもこう思っちゃうんだよな~」という本音を「ダメなもの」として考えないようにすることはあまり良くはない、と私は思います。

まずは自分の本音にしっかり向き合って、自分の本音を受け入れるということが大事なステップのひとつです。そのうえで、いろいろと行動を改善していった方が、後々もやもやした気持ちになることがなくなります。

③認知や行動をひとつずつ変えていく

ここからは、問題に対処するために今からでもできる方法を考えていきましょう。

1.自信をつける

07_ボールを持ったサッカー選手

これが何よりの方法だと思います。質問者様自身が、納得がいくくらいに練習し、うまくなって、レギュラーなどに選ばれて試合でも活躍できるようになることです。

もしそれでも改善しないのであれば少し違った視点で考えていく必要があるかもしれませんので、また相談していただくと良いと思います。

2.チームのメンバーと良くコミュニケーションをとる

質問文から察するに、自分が声を出したら他のメンバーが「下手なやつがいうなよ!」と思うんじゃないかな?、という不安があるのではないかと思います。

なので、その不安に対処していくなら、直接メンバーとコミュニケーションをとって、その不安を取り除くということもできると思います。

08_ジュニアサッカーチームのミーティング

チームの中にそういった話ができるメンバーがいるなら、悩みを共有できたらよいと思います。「声出したいんだけど、みんながこう思ってんじゃないかなって考えちゃうんだよね~」というような感じです。

質問者様の悩みは、私自身もよく思うことで、割と多くの人が思っていることでもあると私は思います、もしかしたらチームの中で自分以外にもそう思っている人がいるかもしれません。

自分以外の人ともそういった悩みや問題を共有できたらかなり気持ちが楽になると思います。

ただこれに関しては、無理にやる必要はありません。大丈夫そうならやってみてください。

しっかりとステップを踏んで解決していこう

いかがでしょうか?実際に起こす行動は、③の内容になりますが、①・②も大事なステップになりますので、やってみてください。

ただ最初にも言いましたように、こういった悩みに対しては、本来直接一緒に話して対処していった方がよいと私は思いますので、何かあればまた遠慮なくおっしゃってください。

▼「声出し」についてもっと知りたい

質問したい人はこちらから

同じように質問したい人は こちらから